「ほっ」と。キャンペーン

赤穂義士:浪曲に乗って号泣

土日に家の大掃除を開始したものの、いまだ終わってないので泣いている私です。そこで本日は、泣ける映画の紹介です。

一時期、泣ける映画が流行って、猫も杓子も「泣ける、泣ける」を売り文句にしていたわけですけれども、私もそうした風潮を小バカにするだけでなく、たまには泣ける映画でも紹介してみようと思ったわけです。泣けると言っても、みんなが、じゃなくて、あくまでこの私が

1954年の異色の浪曲時代劇。

赤穂義士』監督:荒井良平

また、四十七士かよ!と思われるでしょうが。ほら、いま師走だから。そして先週はWOWOWで「大忠臣蔵週間」だったし。大昔の私であれば「浪曲」という時点でスルーしてましたが、数年前に廣澤虎造のCDを聞きまくっていた私は見逃しませんでしたよ!

全編に浪曲が流れっぱなしではなく、要所、要所で浪曲が挿入される感じです。映画全体の構成は以下の通り。

プロローグ:浪曲師の口上
寿々木米若、梅中軒鴬童、冨士月子、玉川勝太郎がそれぞれ「第○話を担当するXXでございます」とひとりずつ挨拶。

(1) 松の廊下から浅野内匠頭の切腹まで
  泣きどころ:片岡源五右衛門の内匠頭最期の目通り

(2) 不破数右衛門が仇討の仲間に加わる話
  泣きどころ:病身の数右衛門の妻が足手まといにならぬよう
        覚悟の自殺をする場面

(3) 岡野金右衛門が絵図面を入手する話
  泣きどころ:金右衛門がおつやに別れ話をする場面

(4) 赤垣源蔵 徳利の別れ
  泣きどころ:これまで観た「徳利の別れ」でいちばんいいかも!
        涙腺決壊してナイアガラの滝級!

エピローグ:討ち入り~泉岳寺へ
  泣きどころ:源蔵の兄が瓦版を買ってこさせる場面


いやあ、浪曲でも号泣できることが判明したのが新鮮でしたよ。私だけでしょうか?

エピソードを絞っているせいか、それぞれ細やかな演出がピリッと効いててよござんす。本作には「内蔵助の東下り」は入ってませんが、「東下り」に関しては『忠臣蔵 天の巻・地の巻(1938)』の「阪妻の内蔵助 vs 千恵蔵の立花左近」がベストだと思います。

そしてやはり「徳利の別れ」が一番泣けることも再確認いたしました。私のあまりの号泣っぷりに家人も凍りついてました。これでそこまで泣けるのは信じられないとも言われましたが、その件に関しては自分でも意外です。

源蔵に会ってやらない兄嫁は入江たか子が演じていて、いじわるそうでピッタリ。ほんと、なんで会ってやらないんだよ!なにが持病の癪(しゃく)だ!(号泣)

史実では源蔵は酒が飲めず、兄ではなくて妹に会いに行ったのでした。その際に、舅から仇討を忘れた浅野家中の腰抜けっぷりを罵倒されたと、松平家の波賀清太夫朝栄による聞書に記述があります。

その聞書は『赤穂義士史料』に収録されてると思いますが、うろ覚えなので間違ってたらごめんなさい。そのうち図書館でもう1回チェックしておきますね。みんなどーでもいいと思ってるだろうけどね!

さて、ちょうど時間となりました。
ちょと一息ねがいまして、またのご縁とおあずかり~。
[PR]
Commented by ゆずきり at 2008-12-23 15:08 x
>、「東下り」に関しては『忠臣蔵 天の巻・地の巻』の「阪妻の内蔵助 vs 千恵蔵の立花左近」がベスト

同意~!!
いや、私は春巻さんほど忠臣蔵ものを見聞きしてないのですけど、この場面はほんとによかったですよねえ。
ふたりともかなり大げさだけで自然だし。よく考えると左近がいい人すぎるんだけど。

高校生の頃の日曜日の朝、いつもと同じ時間にタイマーをかけておいてラジオでめざめ、そのまんま惰眠をむさぼっていると浪曲の時間でした。半分寝たままきいてたのでどういうものをきいたか憶えてないけど、結構おもしろかったような。案外昔の人も単純じゃないんだなーとかと思った覚えがあります。
義経の話とか浪曲できいてみたいですね。
Commented by rivarisaia at 2008-12-24 13:46
忠臣蔵、見すぎてどれがどれだかわからなくなってきている私ですが、『忠臣蔵 天の巻・地の巻』は、阪妻と千恵蔵の対決シーンがこの映画のメインなんじゃなかろうかというくらい気合い入ってますよね!バックに勧進帳は流れてるし、間合いがすごいし。

『赤穂浪士 天の巻 地の巻 (1956)』の「右太衛門の内蔵助 vs 千恵蔵の立花左近」もよかった気がするけど、阪妻と千恵蔵のほうに軍配をあげました。

左近はほんとにいい人だなあ。

日曜に浪曲聞きながら寝ている高校生っていうのもなんだか小粋な感じですね!浪曲なんて昔はまったく興味なかったのに、聞いてみると意外にソウルフルでおもしろい…。
Commented by らら at 2008-12-27 23:20 x
廣澤虎造は次郎長しか聞いたことがありません。
浪曲忠臣蔵で号泣したい!!

まやきーさん、義太夫もいけるクチかも。
仮名手本忠臣蔵もかなり泣けます!

Commented by rivarisaia at 2008-12-28 01:07
ららさん、
私も虎造は次郎長しか聞いたことがありません。
忠臣蔵はたぶん虎造ではCD出てないですよね。

虎造の伝記で、浪曲忠臣蔵がラジオでかかると
おばちゃんがみんなで聞きながらボロボロ泣いてた、というくだりがあって、いいなーそういうの!と思いました。
井戸端で泣くとか、はたから見るとバカっぽいけど、いい!
by rivarisaia | 2008-12-22 23:13 | 映画/日本 | Comments(4)