「ほっ」と。キャンペーン

ランボー/怒りの脱出:というかトラウトマン大佐2

ほとんどの人にとってはどーでもいい内容なのはわかってますが、今回も引き続き『トラウトマン大佐2』!…じゃなかった、『ランボー2』です。

ランボー/怒りの脱出(Rambo:First Blood Part II
監督:ジョルジ・パン・コスマトス

監督名を調べるべく、allcinemaを見たところ、解説が辛辣で椅子からずり落ちそうになりました。以下抜粋。

前作の“病めるヒーロー像”は既に無く、ずさんなMIA(戦闘時行方不明者)救出を描いた退屈なアクション。派手な爆発シーンが、それだけでは何のカタルシスも与えてくれない事が良く判る。

バッサリ斬ってますね。そんな本作はラジー賞もたくさん受賞。しかしけっこうヤキモキして観た私はいったい…。

さて、意外と幸せそうな服役生活を送っているランボーの元にトラウトマン大佐がやってくるところから話は始まります。

特赦を与えるから極秘任務をやってくれとお願いする大佐。NOと言えない男・ランボー。それはベトナム戦争で行方不明になった兵士の生存調査(でも救出はナシ)という特殊任務。トラウトマン大佐ったら、なかなかランボー思いじゃないか、と思ってました。途中までは。

ちゃくちゃくと任務をこなせる男・ランボーは、兵士の生存を確認し、命令違反だけど捕虜を1名助け出して救出地点にやってくる。しかし迎えのヘリコプターは、無情にもふたりを置き去りにして飛び去ってしまうのであった。捕虜が本当に生存してることがわかると政治的に困るという大人事情があったからです。

この大人事情をトラウトマン大佐は知らなかったのでしょうかね。ちょっと脇が甘いですよ。『ダメージ』のグレン・クローズを見習ってほしいところです。

迎えのヘリにはトラウトマン大佐も乗っていた。このままランボーを見捨ててしまうのか!という瀬戸際、いちおう文句を言うトラウトマン大佐。でも銃口を向けられ、なす術もなくあっさり言いなりに。えー。

その後、ランボーは、恋に落ちたり、恋人を失ったり、拷問にかけられたりと、さんざんな目にあいながら大活躍ですが、いっぽうのトラウトマン大佐は何をしてたかというと、基地でじーっとしてました

いや、観客の知らないところで、裏から手をまわしてペンタゴンや大統領にかけあうなど、密かに奔走してたのかもしれません。きっとそうですよ。まさかボンヤリ「ランボー、君ならなんとか自力でできる!俺は八方ふさがりだ!すまん!」なんて思ってるわけないですよ。ねえ!

……しかし、いかんせんそうしたトラウトマン大佐の陰の活躍は、あまりに陰すぎて私にはわかりませんでしたので、お前ほんとにそれでも大佐かよ、ちゃんとしてくれよ、役立たず!と思ってしまったことも事実です。

戻ってきたランボーは、タイトル通りめちゃくちゃ怒ってましたが、さもありなん。トラウトマン大佐も1発殴られるじゃないかとひやひやものでしたよ。大佐自身も無事でうれしい気持ちとはり倒されるかもというハラハラ感で複雑な心境だったかもしれません。

おまけに「彼らが国を愛したように、国も彼らを愛してください」と、しごくまっとうなことまでランボーに言われるしまつ。大佐、ぼんやり突っ立ってる場合じゃないですよー! いずこへと去っていくランボー。追いかけなくていいんですか、大佐、大佐〜!
[PR]
Commented by micchii at 2009-01-15 13:26 x
シリーズ最大の活躍が拝める『トラウトマン大佐3』、感想楽しみにしております(笑)
Commented by samurai-kyousuke at 2009-01-16 14:04
「ランボー2」を劇場で観賞した時の話です。私の後ろの席には、どっかの基地からやって来たとおぼしきGIカットのアメリカの方々が4,5人座っておりました。
くだんの救出ヘリが帰っちゃう場面で「ホワ〜イ、ホワ〜イ」「シット、ガッデム」の大合唱。あんたらそこまで映画に入り込まんでもええんちゃうの??と思いましたが、本物の兵隊さんじゃ〜ねぇ。
帰りは皆さん目が真っ赤でしたよ。(笑)
Commented by rivarisaia at 2009-01-17 00:01
>micchiiさん、
ほんとにシリーズ最大の活躍でした!
大佐は単なる他力本願男じゃなかった!
私の誤解でしたよ、大佐〜!
Commented by rivarisaia at 2009-01-17 00:12
>samurai-kyousukeさん、
臨場感あふれる雰囲気で鑑賞できてうらやましい!
私もくだんの場面では内心「ノオオオオオ!」と叫びましたが、GIのみなさんにとってはそれこそ他人事じゃないですよね。

そして、GIのみなさんにとっては、ランボー2も泣ける映画なのね。やっぱりあのキメ文句がグサグサ心に突き刺さってしまうとみた。

それにしても私ったら『ランボー』よりも早く『ヘルボーイ2』観ないといけないのに〜!

by rivarisaia | 2009-01-14 23:15 | 映画/洋画 | Comments(4)