「ほっ」と。キャンペーン

レッドクリフ Part II(赤壁)

そのうすら寒いサブタイトルは何とかならなかったのか、と文句たれながらも観ました。いいところと悪いところが混在。でも肝心の戦い場面は、ドゴォォーン!とぶちかましててよかったです。燃えてるわ、ガンガン燃えてるよ!船も砦も!
b0087556_2255375.jpg

レッドクリフ Part II(赤壁)』監督:ジョン・ウー(呉宇森)

三国志くらい有名な話になりますと、好きな方々は各々「自分の心の三国志」なるものが存在するのではないかと思います。演義のエピソードが好きな人もいれば、史実重視の人もいる。そして、本作はあくまで「ジョン・ウーさんの三国志」。そう割り切って観ることが肝要です。

ちなみに私の場合、三国志で一番好きなキャラは史上最強かつ史上最も信用ならない男・呂布のため、呂布はぜんぜん関係ない赤壁はいかようにも調理していただいてよござんす、というスタンス。余談ですが、陳凱歌が呂布のドラマを制作してますね。しかし、あんな鼻に鎖ぶらさげてる野郎は私の知ってる呂布じゃない。絶対観るものかー。

さて、本作では、詳細は述べませんが、もしかすると演義の関羽ファンと黄蓋ファンが「え、あれはカット? 何ですとーー!?」とワナワナするかもしれません。さらに言うと、ホウ統ファンは泣くかも(残念ながら、本作には登場しません)。

まあ、でもあれだ。戦い場面が派手派手でドカンドカンと燃えてるから、そこに免じて忍んでください。

Part 1」では微妙だと思っていたトニーの周瑜と金城くんの孔明も、何だかすっかり馴れてきました。むしろ適役と感じたほどです。魯粛もイイ味出していて、孔明とナイス・コンビ。趙雲もあいかわらずかっこよく、出番が少ない分、見せ場はガッツリ俺がいただきます!という感じでした。いっぽうで、私がしてやられたのは尚香ですよ。

いや、ごめん、尚香はそこまでいろいろやらなくていいから。そんな活躍っぷり、尚香に望んでなかった…と前半はかなり悶々とした私。それでも小喬にくらべたらまだマシですけどね。話の流れからいくと仕方ないんだけど、いちいちイラッとさせられまして、小喬なぞ弓矢に射られて死んでしまえ!と一瞬本気で思った、とだけ記しておきます。

Part1とPart2の要らない場面(って主に女が出てくる場面なんですが)をカットして、3時間弱の映画にしたほうがもっとおもしろかったかもねー。そこがいちばんもったいなかったかも。

「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
Commented by hana at 2009-04-13 23:25 x
早速観に行かれたのですね~。
我が家は旦那がPart Ⅰを観た時点で、
「Part ⅡはDVDでいいよね?」と映画館に出てから速攻で言っていたくらいなので、今回は映画館で観る予定が…。

呂布好きとは!分かります!私も好きなんです!
いや、彼のような人がこの戦国の時代には必然なのではと思っています。

ただ、私の周りの三国志ファン(男性が殆ど)には非常に不人気です。分かってないな~。

それと、南蛮編(?)に出てくる孟獲がたまらなく好きです。 あの懲りない正確に愛着がわきます。

Commented by まるま at 2009-04-14 07:36 x
呂布、いいですよね~。「ワタクシの心の中の三国志」は吉川英治版がしっかり刷り込まれています。強烈で忘れられないのは、目玉を食べた夏候惇です。親孝行というかエコというか……。Part Ⅱは、ワナワナ(演義で関羽のファンになったので)&ワクワク(趙雲@胡軍のかっこよさ目当て)を期待して、劇場に参ります!
Commented by micchii at 2009-04-14 15:28 x
確かに尚香はそこまでやらなくてもいいんですが、「デブ助、また肩車してやる」に涙腺が決壊しました。ああいうのに弱いんです(笑)
でも、あれこそがジョニー・トーではなくジョン・ウーに求めているものですし、あのシーンだけでも大満足でした。
映画とは関係ありませんが、呂布は確かに「史上最強かつ史上最も信用ならない男」ですよね(笑)
Commented by rivarisaia at 2009-04-14 22:28
>hanaさん
赤壁の戦い場面のドッカン、ドッカンはぜひ映画館をおすすめしますが、前半がまあタルイと言えなくもないので旦那さまがイラッとしてしまう可能性もなきにしもあらず...。家人も「前半はどーしようかと思った」とつぶやいてました。

そりゃそうと、呂布、いいですよねー! ある意味おのれに正直な男とも言える。正直すぎて悲哀も感じるんですけど、なぜか男性には不人気だったりしますよね。乱世に咲く花みたいな人なのにー!

孟獲って、これまた戦乱の世で超前向きなオーラが漂ってていいですよね。くじけない人っていうか。
Commented by rivarisaia at 2009-04-14 22:40
>まるまさん
私も吉川英治版をもとに、メインは呂布です。ここいらで北方版も読むべきでしょうか。ああ、夏候惇の目玉食いはコワすぎる...。戦場でみなドン引き、とならなかったんでしょうかね...。

胡軍は身軽でしたよー。
Commented by rivarisaia at 2009-04-14 22:57
>micchiiさん
尚香、なぜそんなにデブ助になっているのかと思ったら、あんな帯くるくる状態になってたとは思いませんでした。確かにウーさんらしいですよねー。小喬の茶のシーンとか。ああ、曹操かわいそう(したがって、やはり小喬めーという気持ちになるのでした)。

史上最も信用ならない、は言い過ぎかしら?とちょっと思ってましたが杞憂でしたね(笑)。呂布の裏切り人生は、ぜひトーさんあたりに描いてもらいたいわー。
by rivarisaia | 2009-04-13 22:04 | 映画/香港・アジア | Comments(6)