The Story of Edgar Sawtelle(エドガー・ソーテル物語):長い長い犬のお話

辞書並みにぶ厚いので読む前に腰が引けたんですが、ちゃんと読了したのでサクッと記録しておこうと思う。私が読んだのは文字が大きいバージョンだったため、いやたとえ文字が大きいとしても900ページもあった。。。通常版でも576ページ。ペーパーバックなのに寝っころがって読んでいると腕が....。
b0087556_21505570.jpg

The Story of Edgar Sawtelle: A Novel』David Wroblewski著、HARPER

耳は聴こえるのに生まれつき口がきけないエドガーの家は、ウィスコンシン州北部で長年犬のブリーダーをしている。彼らの育てる犬たちはすばらしい性格という血統を受け継いでおり、Sawtelle Dogsと呼ばれていた。幸せに暮らすエドガーの家族だが、ある日、父の兄弟のクロードが家に戻ってきたことをきっかけに不穏な影が忍びよる…


アメリカではオプラ・ウィンフィリーのブッククラブで紹介されてベストセラー入りした本。映画化権も売れてます。どうやって映画にするんだろ。正直に感想を言うと「長かった」です。

プロローグから第1章までは、謎が謎を呼びけっこうおもしろかったし、その後もところどころ引き込まれるエピソードがあるんだけど、伏線かと思っていたのに回収されない話が多く、ラストもまったく腑に落ちない。主人公のエドガーを含め、登場人物がなんかうすぼんやりとした描き方なんだよなー。

いっぽうで犬の描き方はいい! 人物よりも犬のパートがすばらしいです。たぶんこの本の主役は犬だ。そうそう、忠犬ハチ公の話も出てくるよ。

Sawtelle Dogsという犬の血統についての話が興味深くて、内容は全然違いますが古川日出男の『ベルカ、吠えないのか?』を思い出したりもしましたが、本書はもっとSawtelle Dogs中心の物語にしたほうがよかったんじゃないかしらね。いろいろ詰め込みすぎて散漫になっちゃってるのかなあ。

Amazon.comのレビューを見てみると、批判的な人も肯定的な人もともに、本書とハムレットの共通点について言及しているのが多く、なるほどなあと思いました。でもあのラストは....。膨大なページの末に待ち受けてたのがあのカタストロフィっていうのもなあ。

追記:犬視点でのラストは悪くないかもしれない。これから読む人は犬視点で読むことをおすすめします。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/11132633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2009-05-31 21:54 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る