「ほっ」と。キャンペーン

黒猫・白猫:キテレツ・ベッド

先日、クストリッツァの映画に出てくるキテレツ・ベッドの話をちょこっとしたので、忘れないうちに書いておこう。目覚ましベッドもいいけど、これもイケてる!

黒猫・白猫(Chat Noir, Chat Blanc)』監督エミール・クストリッツァ

名作・底抜けバルカン・コメディ。一応ラブ・ロマンス。すったもんだのあげく最後は見事に大円団で、とても元気が出る映画ですが、本作には、車イスの進化系のようなキテレツな車を乗り回しているゴッドファーザーのジジイが出てきますよね。

このジジイのベッドが!

覚えているでしょうか、『カサブランカ』を繰り返し観てるこのジジイのベッドを。車輪つきの巨大ゆりかごとでも言えばいいのか。ゆれ具合はレバーで操作可能、電話つき、天蓋つき、葉巻置きつき、さらに足元には変な小鳥のオブジェつき、そしておそらくオルゴールつき。小さい画像ではよくわかんないでしょうが、こんなベッドです。
b0087556_22394773.jpg


あれはもしかして、パーツを外せばキテレツな車にもなるのか? 車と兼用? それとも別もの? よくわかりませんが、少なくともデザイナー(メーカー)は同一とみた。

ちなみにジジイの車はこんな感じ。車のほうは扇風機つき。
b0087556_22413492.jpg


これはもう映画本編で動き等を確認していただかないことには、よくわかんないと思いますので、ぜひご覧ください。そして、欲しくなって自分でつくっちゃった!という人がいたら、こっそり教えてほしい。

このキテレツ・ベッドが登場するのは、主人公の青年がブラスバンドを連れて、入院しているおじいちゃんの見舞いに行く場面の少しあと。この病院のシーンもかなり好き。ブンチャカブンチャカした音楽に、寝ていたおじいちゃんがパチッと目を覚まして「音楽だ!」と笑顔になるところなんて、何度観ても幸せな気分になるわー。

「黒猫・白猫」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by rivarisaia | 2009-06-10 23:13 | 映画/洋画 | Comments(0)