「ほっ」と。キャンペーン

茶目子の一日:私も活動に行きたいよ

今日、電車移動中に昭和ジャズを流し聴いてたら、「あらっ、この声は大人っぽいけど平井英子!」という曲が。聴いてたのは『君は絵のように』ですが、平井英子といえば、茶目子ですよねえ!

主人公・茶目子さんは、もうこのポーズからしてステキ。
b0087556_2254387.jpg

茶目子の一日』作者:西倉喜代治(1931年)

佐々紅華のオペレッタ風童謡を短編アニメーションにしたレコード・トーキー。
ところで私は「レコード・トーキー」の存在を茶目子で初めて知りました。レコード・トーキーの映画ってほかに何があるのかなあ。当時は活動写真館でレコードかけながら鑑賞したのだろうか。そして下川凹天や大藤信郎あたりはレコード・トーキーのアニメーションは制作してないのだろうか。いつかその辺りの事情に詳しい知人に聞いてみよう〜。

さて。本作品がすばらしいのは、なんといっても表現のセンス。にゅうっと腕をのばして布団をまくる目覚まし時計(うちにもほしい!)、すばやいお着替え、手招きするごはん茶碗、食卓でお遊戯する食器などなど、ふつう考えつかないよ!

b0087556_226425.jpg
夜が明けたときに登場する動物が、スズメよりもまず先にコウモリってところもいいわー。

ここしばらく週末が所用でつぶれちゃうので、私も茶目子同様、「活動写真に連れてって」と言いたい気分です。

前に一度アップされてた動画は消されちゃったんですが、その後再びYouTubeにあがった動画はいまだ健在なので、未見の方はどうぞ。そうそう、学校の先生役と弁士役はべーちゃんこと二村定一、茶目子のお母様は高井ルビーです。


[PR]
by rivarisaia | 2009-08-29 23:01 | 映画/日本 | Comments(0)