サン・イーヴってだれ?:ブルターニュ幻想民話集オマケ

先日紹介した『ブルターニュ幻想民話集』ですが、正義の聖人「サン=イーヴ=ドゥ=ラ=ヴェリテ」が気になって仕方ないので、ちょこっと調べました。

まずはおさらい。

盗人が一年以内に死ぬようにとサン=イーヴに願をかける話では、聖人像が「<裁き>を行なうしるしとして三度頭を下げ」願いが叶います。別の話では、盗みを働いた男のことを「サン=イーヴに告げてやる」といきまく息子に対して、父親が「それをいってはいかん。それがどんなに重大なことかをお前は知らないのだ」とたしなめるシーンが出てきます。また、トレダルゼックという地名も登場する。

すごいパワーを持っているようだ、サン=イーヴ。だれなんだ… …と、Catholic EncyclopediaやWikipediaなどで検索をかけてみたところ、フランス語ではSaint Yves、英語ではSaint Ives あるいは Saint Ivo of Kermartinと呼ばれる聖イヴは、

ブルターニュの守護聖人でした。

b0087556_150315.jpg

うわああ、無知でごめんなさい! ブルターニュのトレギエ生まれの聖イヴは、法律を学び、貧しき者を助け、レンヌ司教座法廷の裁判官にも任命された方で、弁護士や法律家の守護聖人でもある。ちなみにトレギエは前述したトレダルゼックのすぐ近くの村。

しかも聖イヴはフランシスコ会に入会したと思われているとも書いてあるんだけど…。本当に存じあげず失礼しました(何を隠そう、私もフランシスコ会だったりするのだった)。

命日の5月19日が聖イヴの日。ブルターニュでは盛大に聖イヴ祭が行なわれるそうですが、今年の5月には東京でも聖イヴ祭が行なわれていたらしいよ。来年もやるかなあ。ちょっと行ってみたい。フランス語がまったく理解できなくても大丈夫なんでしょうか。


・東京での聖イヴ祭についてはBretons du Japonのサイトをどうぞ。
・Wikipediaの項目(英語)はココ
・Catholic Encyclopediaでの項目はココ
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/12494661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2009-12-14 01:51 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る