「ほっ」と。キャンペーン

アバター(3D字幕版)

最初はいろいろと心配してたんですけど、おもしろかった!
b0087556_176442.jpg

アバター(AVATAR)』監督:ジェームズ・キャメロン

あらすじは割愛。予告編で、あるいは設定を読んで、おそらくみなさまが想像される通りのあらすじです。なにせジェームズ・キャメロンだから。

第1弾の予告が出たときは「絶対観たい!」と思ってた本作ですが、第2弾の予告であらすじが最初から結末まで大体想像できてしまい、おまけに三部作になるらしいと聞いて、とたんに観る気分が失せたのですが、頭を使わずに単純明快な大作を欲して、先日、3D字幕版で鑑賞。

これは…すごいね。観てよかったです。物語はもう気分がいいほど予想どおりですが、逆にそれくらいキッパリしていてよかったと思いました。驚愕のドンデン返しがあったらつかれちゃうかも。「侵略はよくない」というキャメロンのストレートな熱いメッセージとも受け取れますね。直球すぎるけどね!

また、話はちゃんと完結しますので、次回につづくといわれてやきもきすることもありません。

いちばんすごいなあと感服したのは、驚異の惑星パンドラの世界を完璧につくりあげている点。最初は造形にやや疑問を感じていたあの青いキャラクターたちが、いつのまにか男はかっこよく、女性は美人にみえてくるのが不思議。最後のほうでは、人類なんてやっちまえよ!などと思っていた私がおりました。

私も馬みたいな生物に乗ってかけまわったり、竜のような生物に乗って空飛んだりしたい。

あとね、機械類もかっこいい。いちばんグッときたのは、パワーローダーをアップグレードしたような兵器よりも、研究室の小道具。とくにコンピュータのスクリーンにうつってるデータを手でひょいっと移行できるモバイルパッドみたいなガジェット、あれ実現したらほしい!絶対に便利だよね。

さて。

3D映像は、飛び出すタイプではなく、奥行きを感じさせる3Dです。大きいスクリーンを選んで前のほうで観たのですが、スクリーンがもっと大きくてもいいかもしれないと感じました。後ろのほうの席でみると舞台を観てる感じになったりするのかなあ。

字幕はみやすいですが、目に入ってくる情報量が多い気がして、あんまり読んでませんでした。ナヴィ語には日本語の字幕しかつきませんが、あれは字幕がなくても前後の英語の台詞や映像で重要なところは補完されるようになっていたので、英語しかわからない人も大丈夫。

そして私は眼鏡の上に3D眼鏡という二重眼鏡状態でしたが、別に何の支障もなかった。ちょっと重かったけど。

これは3Dで観ないとまったく意味がない気もするんだけど、2Dで観ても同じくらいおもしろいのだろうか。さらにDVDだったら、ちっともおもしろくないのではないかとすら思う。そして3Dも本当はIMAXで観るべきだよね。新宿と品川のIMAXがもうないのがこれほど残念と思ったことないわー。

さて、これで3Dコンテンツと3D用のハードが、今後どんなふうに発展していくのか、一過性で終わるのかも気になるところ。3Dコンテンツに関しては、技術面というよりも資金面とこだわりセンスの面で日本は追いつけないんじゃないかという気がする。

余談ですが、『ブラックホーク・ダウン』とか『300』を3Dでやられたら、どひゃあってなるなあとも思いました。


「アバター 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
Commented by minaco. at 2009-12-27 00:59 x
>奥行きを感じさせる3Dです
おお、なるほどすっかり納得できました!(←観に行け)DVDでは全く意味がなさそうですね。
二重眼鏡状態…解ります。どっちがどっちか混乱して忙しかった記憶が。

>『ブラックホーク・ダウン』とか『300』を3Dでやられたら
3Dが一般化すると、バイオレンスものの場合が危惧されるようですね。しかし、私はあえてスケールの小さな3Dも観てみたいです。室内劇とか、リアルな街角とか、イイ男が出てくるとか(←きっと間違ってる…)。
Commented by fontanka at 2009-12-27 21:41 x
3D吹き替え版を見てきました。v個人的にはあまり3Dの映画って感じしませんでした。(奥行きの観点を認識してませんでした)
春巻さんのご指摘のあの機械にはしびれました。

「会社側」のセキュリティ甘過ぎとか、電気はともかく「部品」の補充とかどうするんだろうとか、さすがキャメロン「つっこみどころ満載」。
個人的に受けたのが「決算までに業績をあげないと株主に怒られる」というシーン→これが受けちゃう自分が情けない。

しかし、結局「消耗戦」なのか・・・って感じでした。
あと、キャメロンのこと暫くしたらディレクターずカット版のDVD出るのかしらと思いました。
Commented by rivarisaia at 2009-12-29 02:17
>minaco.さん
飛び出る映像は抑えめなので「わー!3D!」という感じはないです。その代わり、飛行機の内部とか「わっ、狭っ!」という気分になります。

映画というよりアトラクションなのかもしれないですね。3Dで複雑なストーリーをやられると疲れそうだ...とも思いました。スケールの小さい3Dいいかも。町なか散歩映画なんて楽しそう。
Commented by rivarisaia at 2009-12-29 02:46
>fontankaさん

私も「あんまり飛び出ないんだね...」とちょっと思いました。途中で、前に出るんじゃなくて奥に引っ込んでる感じなのか、と気づいた次第です。

あの機械はステキなんですけど、キャメロンの突っ込みどころ満載の直球すぎる物語は相変わらずで、ここまでくるとそれを貫きとおす姿勢がすごいとしか言えません。

ミシェル・ロドリゲスももっと活躍させればよかったのにあっけなかったし、主人公側に付くのはいいとしてもちょっと唐突すぎる気がしました。そこをもうちょいほりさげてよ、キャメロン!でもパンドラの設定だけは異常なまでに細かく決めていて、そこがまたキャメロンっぽい。

ディレクターズカット版出そうですよね。特典映像もわんさかついてきそう。
Commented by micchii at 2010-01-04 16:43 x
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
今年の劇場第1弾はこれでした。おっしゃるように、DVDで観たらちっとも面白くないでしょうね。
でも、映画館では、3Dでは、大満足な1本でした。
ただ、話はびっくりするくらい想定内でしたね(笑)
Commented by rivarisaia at 2010-01-04 18:22
>micchiiさん、
明けましておめでとうございます。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

DVDじゃダメですよねえ、たぶん。
しかし思った通りに話が進むので、安心して3D映像に没頭できました!映画というより、一種のアトラクションみたいなものと考えてもいいのかも。楽しかったし!
by rivarisaia | 2009-12-26 17:24 | 映画/洋画 | Comments(6)