アゲハようちえん:春の卒園生第1号

暖かいんだか寒いんだかよくわからない春。昨年、どうしたことかやたらとアゲハを育てることになった私ですが、こちらの「アゲハようちえん2009夏:まとめ」にも書いたように、サナギの状態で冬を越す「越冬蛹」を最終的に12匹も抱えるハメになりました。

越冬組は家でもっとも寒い部屋にほったらかし状態(乾燥しないようにたまに水をかける程度)でしたが、寒い寒い雨の日の昨日、保管部屋に入ったところ、アゲハ蝶が床に!

えええー!もう羽化しちゃったの?

春とはいえ、寒かったので油断してました。なんの心の準備もできてないー。
ちなみに羽化したのは、昨年の8月28日に蛹化した、越冬蛹第1号です。

うまく飛び上がることもできず、仕方ないので砂糖水入れた器にとまらせてみました。
b0087556_1351195.jpg

死んじゃうかもしれないなーと思ってたけど、小1時間ほどしたら、ヘロヘロヘロ〜と飛べるようになったので(でもすぐに落下する)、雨のあたらない花壇の花の影に移動。力なくマーガレットの花弁にぶらさがるアゲハ。あんた、大丈夫?

そして、今朝、花壇を見にいったら、別人(いや別蝶?)のように元気になっており、パタパタパタ〜と遠くに飛んでいきましたよ。よかった!

…しかし、残り11匹も続々羽化するってことか。今年はどうしようかなーと思ってたけど、たぶん多少は飼育するだろうなという気もするよ…。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/13119271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2010-04-08 14:02 | 生きもの | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る