「ほっ」と。キャンペーン

トイ・ストーリー3

トイ・ストーリーの一応完結編。スピンオフ企画はあるらしいけど、長編としてはたぶんこれが最後。1も2もおもしろかったけど、3作目は大傑作です。

脚本が綿密に練られているうえに、無駄な場面もひとつもなし。泣けるし、笑えるし、子ども向けでもあるし、大人向けでもある。すごいな、ピクサー。これまでのピクサーの中で一番好きかもしれない。

b0087556_21133651.jpg

トイ・ストーリー3(Toy Story 3)』監督:リー・アンクリッチ

おもちゃたちの持ち主アンディも17歳になり、もうおもちゃ遊びからは卒業。大学進学のために家を出ることになったアンディは、ウッディ以外のおもちゃを屋根裏にしまうことに決めた。ところが、ちょっとした手違いで、おもちゃの入った袋がゴミに出されてしまう。アンディに捨てられたと勘違いしたおもちゃたちは、託児所サニーサイドへと寄付される箱に逃げ込むが…。


いままでは、ウッディやバズといったおもちゃが何かの拍子に外の世界に出てしまい、自分たちの家であるアンディのもとへ頑張って帰還する、というのがベースにある展開でした。しかし、今回はアンディが大人になってしまい、帰るべき家が失われてしまうというクライシスがおとずれる。

つまり「おもちゃたちは大好きなアンディと幸せに暮らしました。めでたし、めでたし」で終わることが不可能。1と2を観たときには、この展開は想像だにしなかった。

これまで何があっても、数々の苦難を乗り越えてアンディのもとへ帰ってきたおもちゃたちだったけど、持ち主であるアンディは、そんな彼らの活躍や冒険は知る由もない。人間の前ではおもちゃはおもちゃであって、決して動かないから。それなのに、それなのに、ラストのアンディのあのセリフは…(涙)

ウッディやバズをはじめ、登場するおもちゃたちはモノとしてみれば量産品であり、そういう視点でみれば世界にひとつしかない特別なおもちゃというわけではない(だからこそ1でのバズのアイデンティティ・クライシスが起きたりする)。だけど、ウッディやバズや彼らの仲間たちは世界にひとつの特別な存在であり、彼らにそんな命を吹き込んだのは、大切に一緒に遊んできたアンディだった(大泣き)。

一方で、今回は持ち主に捨てられやさぐれてしまった最凶キャラも登場します。でもね、現実にはそういうおもちゃが大半だと思うんだよね。量産品であっても、世界にたったひとつの特別なおもちゃになるかどうかは、持ち主次第だ。子どもたちは、それをよくよく心しておくように!

さて。

このように書くと、やや重いテーマの泣ける映画っぽくみえますが、実はその辺はサラッと描いていて、大部分はわくわくはらはら大笑いの西部劇である点が、ピクサーの恐るべきところ。

ならず者も、監獄も、火山も出てくるし、情熱のスペイン系も登場するし、果ては「トルティーヤ」で大爆笑することになろうとは…。

ほんとにねえ、このバランス感覚はすばらしいですよ。どれとは言わないけど、泣かせどころがあくどい映画は見習ってほしい…。

楽しかったので本当にオススメ。 ただし前2作を観てない人は、観てからのほうがいいと思う。私は、子どものころに遊んだ真に大切にしてた人形はいまも持ってるんですけど、たまには一緒に遊んだほうがいいのかなあという気分にもなりました。たまにひっぱり出したりはしてるんだけどさ。

「トイ・ストーリー3 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by rivarisaia | 2010-07-14 21:23 | 映画/洋画 | Comments(0)