「ほっ」と。キャンペーン

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ

美術館の裏側に興味津々な人はもちろん、段取り不足の上に大勢が口出してきて非常にやりにくいクライアント仕事に泣かされた人も興味深く観られる作品。観賞後の私の第一声は「これは…気持ちわかるよ(しんみり)」でした。

b0087556_16194419.jpg

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ(Het Nieuwe Rijksmuseum)
監督:ウケ・ホーケンダイク

2004年に大規模な改装工事に着手したアムステルダム国立美術館。しかし、改装計画を発表したら市民から猛反発。次々と変更になる建築計画にやる気がどんどん下がっていく建築家。文化省のお役人や改築運営委員とどうもかみ合あってない理想主義者の館長。工事は延長につぐ延長で、2008年に再オープンの予定が現在も工事中…。


美術館の建物の中央部分が反対側の地区へ抜ける公道の門になっている、という構造がそもそもの発端。中央部を美術館エントランスにするという設計に地元サイクリスト協会が

「それじゃ自転車の通る道が狭くなっちゃうじゃん!」

と大反対。

そういや先日、オランダで仕事をしている知人と食事したときに、「自転車がものすごく優遇されていて、みんなが乗ってる」という話を聞いたばかり。国民総サイクリストの国でサイクリスト協会が文句言い出したら、それはもう話し合って設計見直しするしかないよねえ。

でも一方で建築家側の「コンペで選ばれた案なのに、なんでいまさら?だったら僕らを選ばなきゃよかったのに」という気持ちもわかる。この辺はコンペのあり方・進め方がよくなかったのではないだろうか…。

ま、建築に限らず、コンペに通った案に皆が口出してデザインをいじくりまわした挙げ句、全く別物に変えてしまい、デザイナー発狂、というのはしばしばあることですけどね(経験者談)。

しかし問題はこれだけではなく、本館の脇に建てる予定の研究センターが景観を損ねる(建築家には気の毒だが私も同感)とか、入札がダメダメだとか、美術館のスタッフが辞めちゃったりとか、物事が長引くと「情熱や新鮮な気持ちが失われてしまう」こともあり、どんどんグダグダのカオスになっていくのであった。

そんななか、新しい美術館にどんな風に絵を飾ろうかな〜とわくわくしている学芸員の皆さんや、真剣なまなざしでていねいに作業をつづける修復家の皆さんの姿を眺めるのは楽しい。

妙に自信たっぷりの野心あふれる学芸員に苦笑したり、仏像のことで頭がいっぱいの純朴な学芸員がお気に入りの仏像入手できるのか!?という展開にちょっとハラハラしたりしましたが、私の一番のお気に入りの人物は警備員の兄ちゃんだ。

「この建物は女房のように大事だ。どこにひびが入っているのか、ぜんぶ覚えている」
「この建物は俺の子どもだ、俺が守る」

どうよ、この最高のプロ意識。すばらしいじゃないですか。他の人たちが大人事情に振り回されているなか、修復家の人たちやこの警備員の兄ちゃんは自分のやるべきことをビシッとやっている。もうその姿に本来は仕事ってこういうもんだよなあと頷く私でした。

映画の途中で重要な地位にいる人が辞めることになってしまい、アンタそりゃ無責任な…と一瞬思ったけど、ここまでグダグダになってる場合、辞めてもらって新しい人を据えることで新鮮な空気を入れたほうがいいかもね。

私の知ってるアレとかあのプロジェクトなども、いっそトップの人々に辞めてもらって、フレッシュな人材を投入して新規まき直ししたほうがいいんじゃないだろうか…とふと思ったりもいたしました。

『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』公式サイト
[PR]
Commented by fontanka at 2010-09-04 20:03 x
数年前、ネーデルランド絵画が見たいと夫に押し切られ、オランダ・ベルギー(ちょっとだけドイツ)に。
アムステルダム→思いっきり工事中。
それでも行くという夫に引きずられて・・・・

夜警とフェルメールはあったな・・・状態で、同宿になった日本人同士で2010年(再オープンの予定)そこら中オープンするらしいんだけど、いったい何があるんだろうと話ました。

たんなる改築(補強)だと思ってましたが、そーーーんな話だったんですか。
Commented by rivarisaia at 2010-09-05 00:00
オープンはたぶん2013年くらい?
補強の改築じゃないんですよね。内部が複雑な構造になっていたのを、元の建築をいかして結構大きく改装する計画で、さらに問題のエントランス部分の中庭にカフェや書店をつくり、また建物のそばに研究センターやアジア美術館を建設というかなり大規模な工事。

貴重な芸術作品を市民に見せることができないのは大きな損失だということで、後半は入札のやり方を失敗した文化省が責められておりました。

でもね、問題山積みなんだけど、この映画を観ていて楽しいのは登場する人々のキャラクターが個性的だから。再オープンしたらぜひ行ってみたいです。
by rivarisaia | 2010-09-04 16:20 | 映画/洋画 | Comments(2)