「ほっ」と。キャンペーン

ルイーサ

ガチなおばちゃんの話かと思いきや、ちょっとしょっぱいおばちゃんの話だったというのが意外でした。

b0087556_1429923.jpg

ルイーサ(Luisa)』監督:ゴンザロ・カルサーダ

ブエノスアイレスのアパートで猫とくらすルイーサは人づきあいが嫌いで、愛想もなく、淡々とふたつの仕事をかけもちして規則正しい生活をおくる毎日。しかし、定年退職を目前に、愛猫が死に、仕事はふたつともクビになり、さあどうしよう、という話で、ここから奮起した結果、地下鉄で物乞いの道を選んでたくましく進んでいくのかと想像していたら、かなり頼りなげにとにかく地下鉄で物乞いすることにしてみました、という展開が予想外。

ルイーサは、70年代のある日に家族をふたりいっぺんに亡くしているらしいことがわかるのですが、それは交通事故だったのか、あるいは当時の恐怖政治のアルゼンチンで粛正の名のもとに殺されたのか、その巻き添えで死んでしまったのかはわかりませんが、いずれにせよ、彼女の時間はそこで止まってしまったんだと思われます。

だから規則正しく、黙々と、他人に心を開かず、死んだように生活していたのかな。

地下鉄での物乞いも、「ルイーサ、あんた何やってんの!?」と声をかけたくなるような有様なのですが、結果的にはそのおかげで、オラシオと出会えたし、過去にとらわれて死んでた自分と決別できたのではないか、これからは前を向いて生きていけるんじゃないかなーとラストでは感じました。

それにしても、なんて君はいい人なんだ、と思った人物は、ルイーサのアパートの管理人ホセ。

どんなに無愛想にされても、毎朝きちんとルイーサに挨拶する(これ大事なことですよ)。彼はおそらくルイーサに起きた過去の不幸な事件を知っている。だからルイーサを心配し、さりげなく気遣い、困ってるルイーサを影から支えてくれたりするのだった。それでいて、過度に立ち入ったりしないの。すごいよ、ホセ。彼のような人が近くにいて、本当によかった。
[PR]
by rivarisaia | 2010-11-30 14:55 | 映画/洋画 | Comments(0)