「ほっ」と。キャンペーン

トロン:レガシー

公開当時、まわりの友だちの反応が微妙だった(というか観た人自体少なかった)『トロン』ですが、私は前にも書いた通りけっこう好きです。

そんなわけで続編は、その後の予告をみる限りではまるで期待してなかったけど、観に行かねばなるまいと、眼鏡 on 眼鏡で XpanD の3Dなんて嫌なんだよ…とぶつぶつ言いながらも観に行ったともさ!

b0087556_2223169.jpg

トロン:レガシー(Tron: Legacy)』監督:ジョセフ・コシンスキー

前作の主人公フリン氏(ジェフ・ブリッジス)は、息子を残して失踪していた。彼の失踪から20年後、息子のサムが父の失踪の謎を解くべく、いろいろあってコンピュータの中の世界へ!という流れですが、

はっきりいって、あらすじはどうでもいい。

なぜなら、意味がわからない、それはアリなのか?と謎な部分がちらほらあるからですが、もう気にしないことにしました。多分ね、いろいろなことがやりたかったんですよ。『2001年宇宙の旅』にそっくりな部屋が出てきたり、『スターウォーズ』っぽい場面があったり、製作陣が好きな映画が伺い知れますよね!(あれ、違うの?)

筋書きは脇においといて、ゲーム部分はピカピカしてきれいです。ライトサイクルのゲーム部分をもっとみせてほしかったなー。今回は動きが三次元で、上下移動も曲線移動も可能ですが、その分動きが複雑でよく把握できないまま「キラキラ光ってきれいねー」で終わってしまった感がある。クラブのシーンも、もうちょっとみたかったなー(父さんの禅の部屋はどうでもいい)。

そして主役のサム役のギャレット・ ヘドランドが、時折、眉の下がりっぷりと額のしわがエマ・トンプソンにちょっと似てる…という表情をみせていたのに、後でじっくり写真みると似てませんでした。おかしいなあ。

…ここまで書いて、まるで誰の参考にもならない感想だと自覚しましたが、とにかくあまり期待せずに観るとよいかと思います。キレイなお姉さんも出てくるよ。

個人的にはですね、Comic Con の時のトレイラーにあった "It's just a game!" "Not anymore." の場面がなかったことが衝撃ですよ。あれは何だったのさー!
[PR]
Commented by きたきつね at 2010-12-28 22:51 x
こんばんは。
「レガシー」の予告を見て、これは絶対元の方が面白いだろうと、元の方のDVDを買ってしまいました。前の記事にもコメントしてましたが、やっぱり好きです>オリジナル。レガシーはやっぱりそんな感じなんですねえ。
結局、せいいっぱいの工夫が大事なんでしょうね。
Commented by とむ at 2010-12-29 16:08 x
いや〜、一番分かりやすいレビューでしたw

トロンっていえばこの動画が好き。
http://www.dailymotion.com/video/x4rj9p_tron_creation
Commented by rivarisaia at 2010-12-30 21:42
>きたきつねさん
何故かうちにも元のDVDが…(笑)ゲーム部分の動きが三次元になると、もはやグリッドじゃないんですよね。あの平面的な動きがけっこうおもしろかったのに。
きれいなことはきれいなんだけど、物語部分はあまり複雑にせずにもっと単純でよかったんじゃないかなーと思いました。
Commented by rivarisaia at 2010-12-30 21:44
>とむさん
こんな感想ですいません。あ、ダフトパンクの曲もいいですよ!

ダンボールのトロン、最高! これ自分でもやってみたい。
by rivarisaia | 2010-12-28 02:29 | 映画/洋画 | Comments(4)