Lists:有名人の書いたリストをひたすら集めた本

最近は帳面派を扱う本が、特に海外ではいっぱい発行されていて、内容の善し悪しもピンキリなのですが、これはなかなか切り口がおもしろいです。

ずばり、リストの本。
b0087556_1731843.jpg

Lists: To-dos, Illustrated Inventories, Collected Thoughts, and Other Artists' Enumerations from the Collections of the Smithsonian Museum
Liza Kirwin著、Princeton Architectural Press

サブタイトル長いですね。スミソニアン博物館のコレクションから、主に芸術家の方々69人のTo Doリストや、イラストの一覧表、覚え書き、目録などを集めて1冊の本にしました、というものです。

ページ構成はこのように見開きで、
b0087556_17485822.jpg

左ページにリスト制作者の紹介とリストの内容の説明、右ページにリストの画像が掲載されています。これはアレクサンダー・カルダーの展覧会用のメモ書きのページ。

こんなふうに文字がびっしりというリストもある。
b0087556_17543198.jpg

これはコラージュで有名なレイ・ジョンソンの「シルエット・ポートレイト」の人名録。ジョセフ・コーネルのリストもありましたが、コーネルらしく、タイプライターで打ったものでした。

筆記体のリストやメモは、何が書いてあるのか読めなかったりもするのですが、巻末にリストの写しと翻訳がきちんとついてます。

漠然とリストの画像をみてるだけだと、まあこう言ってはなんですが、ただのメモ書きにしか見えないものがほとんどなんですけどね、書かれている内容をじっくり読むと、これがすっごくおもしろいんですよ。

69人の中には、ピカソのような有名人もいますが、誰これ?という人もいて、そんな知らなかった人をリストから知る、というのもなかなか興味深い。それにしても、こういうメモ書きも意外と残ってたりするものなんですね。捨てちゃうよね、ふつう。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/14758279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2011-01-19 02:42 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る