「ほっ」と。キャンペーン

ラブゴーゴー

先日、ちょいと夜遅くなってから、辛気くさくない映画の DVD が観たいねえという話になり、それで懐かしのこれ!

b0087556_2343553.jpg

ラブゴーゴー(Love Go Go/愛情来了)』監督:陳玉勳/チェン・ユーシュン

チェン・ユーシュンといえば、昨年のTIFFで上映したオムニバス映画『ジュリエット』でズバ抜けておもしろかった3話目を撮った監督です。『ラブゴーゴー』は1997年の作品ですが、久々に観てもやっぱりいいね。

冴えないパン職人のアシェン、ぽっちゃり体型の夢見る女の子リリー、気弱で仕事できなそうなセールスマンのアソンという、なんとも地味な3人の恋愛模様をつづる3つのエピソードが描かれた…とここまで書いて思ったけど、恋愛っていうほど恋愛じゃないんだよね。でも「愛」をめぐる物語ですよ。必ずしもハッピーエンドでもないんですけどね、とても心があたたかくなる話なんですよ。

この3つのエピソードが絶妙につながってひとつの話になってます。

毎日パッとしなかったり、辛いことがあったりするかもしれないけど、それでも明日もがんばろう!という気分になる映画。パン屋のアシェンの手紙と歌で泣き笑い。

あとね、これみると、パンが食べたくなるよね。レモンパイも食べたくなるかもしれません。料理番組をみながらカップラーメンをすすりたくなるかもしれません。いや、あの気持ちはちょっとわかる…。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-05 02:46 | 映画/香港・アジア | Comments(0)