「ほっ」と。キャンペーン

火事だよ!カワイ子ちゃん

この映画をみたことはメモっておかなくてはいけない!と急に思い出したので、忘れないうちに。チェコの消防映画です。

b0087556_253281.jpg

火事だよ!カワイ子ちゃん(Horí, má Panenko)』監督:ミロス・フォアマン

『アマデウス』のミロス・フォアマンがチェコ時代に撮った映画。ドタバタ風刺コメディですが、ゆるゆるぐだぐだと話が進むので、まったりと番茶でもすすりながらみるのもいいかもしれません(それ、まさに私)。

あらすじはこんな感じ。

パーティを開催することになった、とある消防団。村人たちも呼ぶ盛大なパーティでは景品のクジ引きのほか、にミス消防コンテストを開催して団長への誕生日プレゼント贈呈式も行おう!と決めたパーティ実行委員たちだが、コンテストの段取りはなっちゃなく、景品が次々に盗まれ、おまけに本物の火事が発生する…


ぐだぐだしてるんですけどね、官僚社会のダメさ加減とそれに伴うシュールな展開。さすがチェコはフラバルを生んだ国!

パーティが進むにつれて、どんどん無くなっていく景品。これではクジ引きができないから「電気を消すので、盗んだ人はこっそり戻すように!」と会場の照明を一度落としてみるも、パッと明かりがつくとさらに景品が盗まれている(笑)

性懲りもなく、もう1度照明を消すと、景品のパンを戻そうとするパーティ実行委員約1名の姿が。お前のせいで実行委員全員が犯人だと思われるじゃないか、正直になることが大事だ、いや自分に正直であるよりも消防団全体の名誉が大事だ、と言い合いになる実行委員の面々。カオス…。

b0087556_254536.jpg

ダメダメな消防団員たちが生き生きと活躍し、村人たちは息をのんで彼らを見守る火事の場面は、ぐだぐだなパーティとは対照的だ。そしてラスト、焼け出された老人が、とぼとぼと焼け跡に戻り、外に運ばれたベッドに入る場面はくっきりと記憶に刻まれました。この映画の内容を忘れても、この場面のことは思い出すであろう。

タイトルに「カワイ子ちゃん」とありますが、あんまりカワイ子ちゃんは出ておらず、ほとんどおっさん主体の映画なので、おっさん好きにもおすすめ。1967年の映画なので、この翌年にプラハの春が起きたんだね。
[PR]
Commented by hana at 2011-06-11 09:18 x
昨夜たまたま「カッコーの巣の上で」を初めて観て、この映画の監督と「アマデウス」の監督が同じことに驚き、更に春巻さんが紹介されてた「火事だよ!カワイ子ちゃん」までが同じ監督だったとは2倍に驚きでした。

「カワイ子ちゃん」ってネーミングがなんか心くすぐりますね。

久しぶりにお邪魔しました…。
Commented by rivarisaia at 2011-06-14 18:37
お久しぶりです!元気ですかー。

『カッコーの巣の上で』と『アマデウス』って同じ監督なんですよね。『ラリー・フリント』もですよ。ちょっと意外。

「カワイ子ちゃん」は一応、ミスコンテストに出ろと言われてパーティ会場から引っ張り出されてくる女の子たちがいるんですけど、カワイ子ちゃんというほどでもなく…(笑)

そういや、ミロス・フォアマン監督は1978年のミス・ユニバース世界大会で審査員を務めたとWikipediaに書いてあり、この映画をまた思い出しました。
by rivarisaia | 2011-05-03 02:09 | 映画/洋画 | Comments(2)