アゲハようちえん2011: 第1号卒園生

先週さっそく第1号が羽化して飛び立っていきました。

b0087556_188180.jpg


やっぱり羽化すると楽しい。どんどんつかまえてきて羽化させたくなってくるけど、もともと卵から成虫になれる確率は1〜2%弱だそうなので、一昨年のようにたくさん羽化させると生態系のバランスが崩れるのかもしれないので、今年はゆるく飼育することにしました。

第2号の予定はこちら。

b0087556_1881561.jpg


本当は食餌から離れたところで蛹になるので(おそらく寄生されないための自然の知恵)、飼育ケースの中だったらケースのフタの裏だったり、壁だったりするんですけど、この方は思いっきり食餌の枝にて蛹に…。ちょうどもう1匹、蛹になりそうなのがいたけど、そちらはお亡くなりになってしまいました。

そうそう、どんな飼育ケースで飼ってるかというと、ごくふつうに近所で売ってた昆虫/金魚用ケース小。
b0087556_188845.jpg

フタをパカッと外した状態で中はこんな感じ。中央に水で湿らせたティッシュが入ってる容器を入れて、せっせと夏ミカンの枝を切ってはそこに差してます。ケースは毎日ささっと洗ってる。フタを閉めるときに、コバチ予防のシートをかぶせたほうがいいと思うけど、買うのめんどうなのでキッチンペーパーで代用してます。ただ、夏に暑くなるとケースの中が蒸すので、置き場所をちょっと考えないとなー。去年、死亡率が高かった原因のひとつは熱中症だったのではないか…という気が。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/15759299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2011-06-14 18:38 | 生きもの | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る