「ほっ」と。キャンペーン

サスペリア PART2

先日はうっかり『サスペリア』について書いてしまったので、やっぱりこれも。『サスペリア』とはなんの関係もない上に、こちらのほうが先に制作されたのに、『サスペリア』が大ヒットしたので何故かパート2として公開された映画。そして、個人的には本作のほうが怖いです。

b0087556_19315852.jpg

サスペリア PART2(Profondo Rosso)』監督:ダリオ・アルジェント

私は公開時にはみてなくて、TVで放映されたときも、怖くて途中でみるのをやめた(あるいは親に「眠れなくなるからやめなさい!」と怒られて強制的にチャンネル変えられた)ために、次の日に学校で、誰が犯人で最後はどうなったのかを聞いた、というヘタレっぷり。

最後まではじめて通してみたのは数年前のことでした。

必ずシャツの第一ボタンを開けているスカした感じの主人公、どっかでみたことあるな…と思ってたけど、いまさら気づいたがアントニオーニの『欲望』の主人公じゃないですか! うっすらジェームズ・スペイダー似の!

それにしても、本当に嫌な雰囲気いっぱいですよねえ。不気味な人形、壁の下から出てくる子どもの絵、極めつけは途中から何故か半音階になる、あのクリスマスの音楽。何なんだ、いったい!

壁にかかってたはずの消えた絵の謎がとけた時なんて、ほんとしみじみ嫌ですよ。げに恐ろしきは人間かな。

ところで先日、イタリア語の先生と本作がいかに怖かったか、という話で盛り上がったうえに、例の子どもの歌を一緒に口ずさんだりしてたんですけどね、話していて映画のジャンルが微妙に噛み合なかったんですよ。私はホラーだと言ってたのに対し、先生はこれはホラー映画ではなくジャッロ(ミステリー/スリラー)だ、という。

その区分けを聞いてみると、基本的には殺人が起きて犯人が人間なら「ジャッロ」(日本ではジャーロと書いてあるのが多い)、殺人が悪魔だったり幽霊だったり、超自然的存在のしわざなら「ホラー」だと説明されました。『サスペリア』はホラーだけど、『サスペリアPART2』はジャッロなのか。ふうん、なるほど。
[PR]
Commented by fontanka at 2011-08-20 22:27 x
確かこの映画は見てたな→でも記憶があいまい→夫と話しあってしまいましたです。
しかし、あのラストシーンですが、アンティーク屋さんで、手作りのチェーンは万一の時に切れるから、あんなことにはなりませんよと言われたことがあるんですよ→真偽は不明です。
Commented by rivarisaia at 2011-08-23 21:43
あのチェーンはきっと特製ですね。あるいはアクセサリーショップじゃなくてDIYショップで本当のチェーンを買っちゃったのかも。怖いわー。
by rivarisaia | 2011-08-12 19:32 | 映画/洋画 | Comments(2)