The Fault in Our Stars(さよならを待つふたりのために)

すごくすごくすごくいい本で、読了後は「I was SO strucked….」としか言えず、感想が書けないんですけど、多くの人にぜひ読んでほしいので、紹介だけしておきたい。

本書の詳細については洋書ファンクラブの渡辺さんの記事をどうぞ!(と他人任せな私)

b0087556_15462676.jpg

The Fault in Our Stars』John Green著、Dutton Juvenile

ざっくりした大筋は、甲状腺がんで闘病中の女の子 Hazel と、骨肉腫で片足を切断した少年 Augustus の恋愛の話だけど、ここで注意してほしいのは、私が大嫌いなジャンルであるところの、陳腐でありがちな泣ける難病恋愛物とは違うという点です。

確かに病気の描写は出てくるし、最近本を読んでこんなに泣いたことはあったかね…というくらい泣いたんだけど、それは可哀想で泣ける話だったからじゃなくて、「So much to live life」だからじゃないかなあ。

何よりも Augustus が最高で、時折「あはは」と声出して笑っちゃう場面があったり、いいこと言うなあとしみじみしたり、みんな間違いなく彼のことが好きになると思うよ!

Augustus, you are AWESOME! Thank you!


…って、Twitterでも書いたけど…。

さて、John Greenの著書では『Looking for Alaska』が好きで(これもおすすめ)、渡辺さんの記事にもある、John と Hunk 兄弟の 「vlogbrothers」もおもしろくてたまに見てるけど、ティーンエイジャーにそんなに人気なんだね〜と改めて認識しました。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/17754422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なつこ at 2013-07-09 17:08 x
こんにちは^^いつも楽しくブログ拝見しています。
海外ドラマや映画、本のレビューをとても参考にさせていただいています。
ところで春巻さんは、洋書はどうやってゲットされていますか?
こちらの本をamazonか楽天ブックスで買おうか迷っているのですがamazonの個人輸入にも興味があります。
参考に教えていただければと思います。
よろしくお願いします。
Commented by rivarisaia at 2013-07-09 21:36
なつこさん、こんにちは!

洋書の入手方法はさまざまなのですが、まずKindleで読む本はアメリカのAmazonで購入しています。ただ日本版Kindleが発売されてから、日本のAmazonで買っても値段があまり変わらないようなので、Kindleであればわざわざアメリカで買わなくてもいい気がするんですが、アカウントを統合するのが面倒。そこで日本のアカウント用に新しいKindle買おうかな…と悩み中です。

ペーパーバックの場合は、アメリカのAmazonで買うか日本のAmazonで買うかはそのときのレートと送料次第で決めたりしています。あと書店(紀伊国屋や渋谷のタワーレコードの書店、古本屋など)で見かけて衝動買いすることも。

本は重いので紙の本を買うときは送料がバカにならないですよねー。Kindleなら送料がないので、気にしなくてすみますが。私の場合、家族が異国にいるので、日本に遊びにくるときに頼むという手も使えるんですけど、いつも忘れちゃうのでした…。

けっこうふりかえってみると購入手段がバラバラでした…。
by rivarisaia | 2012-02-06 15:48 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る