「ほっ」と。キャンペーン

プライドと偏見

先日いまさら感想書いた『英国王のスピーチ』のキャストがBBC版『高慢と偏見』カップルだったことに気づいたので、せっかくだから私の大好きな困り顔ステキ俳優が出てる映画版の話でもしてみよう。ついこの間、ヒマだったのでDVDを見返したばかりだし。

b0087556_2349469.jpg

プライドと偏見(Pride & Prejudice)』監督:ジョー・ライト

ジェーン・オースティンの小説はどれも好きなんですけど、おもしろいのはロマンス部分より、金の話と階級差の話です。

年収がいくらだ、遺産がいくらだ、このままだと相続は誰それだ、家を追い出されちゃうよ、ギャーー!というお金の話が具体的な数字で出てきて、同じアッパーミドル内の微妙な階級差で大騒ぎになるところが愉快。何をやっているのだこの人たちは…。貴族と庶民という歴然とした差ならまだしも、同じ中流クラスで天と地ほどの差が存在するのであった。げに恐ろしき階級社会かな。

さて、『高慢と偏見』ですが、原作に忠実なのは断然BBCドラマ版です。「コリン・ファースのダーシー」はピッタリですが、ジェニファー・イーリーのエリザベスがいまひとつ。エリザベスにしては落ち着きがありすぎて、大人びてるのよね。

いっぽう映画版は、映像が非常に美しいのですが、ロマンス演出にやや力が入りすぎて、原作読んでないとわかりにくい点があるので、そこは脳内で補完してください。

困り顔ステキ俳優マシュー・マクファディンのダーシーは高慢というより陰気ですが、私はかなり好きです。ドナルド・サザーランドのお父さんも最高。しかし、ここでもエリザベスが…。キーラ・ナイトレイって何をやってもキーラ・ナイトレイなんだよね。どっちかっていうとリディアのほうが合ってるんじゃないかしらね。

さらに、この手の映画は字幕が厳しい。字数制限があるから仕方ないんですけど、回りくどくておもしろい言い回しが直球になっちゃうんですよね。したがって、字幕は無視するのがおすすめ。

さらに重要なのは、Twitterでも書きましたけど、『プライドと偏見』には心底ウザいアメリカ版エンディングというのがあってですね、なんでこういう余計なことをするかなーという最悪の激甘な付け足しがなされており、うっかり見てしまうと鼻血出そうになります。DVDだと特典に入っていますので、一度くらいなら、胸焼けしてみるのも酔狂かもしれません。

一部の女子は「まあ、なんてロマンチック(はあと)」となるのかもしれませんが、エリザベスもダーシーもそーゆーことを絶対に言ったりしない性格のはずですよ、もう何なんだろうね、あれは。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-09 23:49 | 映画/洋画 | Comments(0)