「ほっ」と。キャンペーン

桃(タオ)さんのしあわせ

よく「子どもと動物は反則」といわれますが、私の場合は「老人と動物は反則」。老人物に弱いので憂鬱になったらどうしようと心配しましたが、時折ユーモアを交えつつも淡々と進み、静かに心に沁みていく映画。映像から伝わってくる空気の色がよかった。

b0087556_21473619.jpg

桃(タオ)さんのしあわせ(桃姐/A Simple Life)』監督:アン・ホイ/許鞍華

13歳の頃から60年間、ある家の使用人として働いてきた桃さん(ディニー・イップ/葉德嫻)。いまではその家の人々はほとんど海外に移住してしまっていて、桃さんは、ひとり香港に残っている映画プロデューサーのロジャー(アンディ・ラウ/劉德華)の世話をしているのだった。

そんなある日、桃さんが脳卒中で倒れてしまう。


他人に迷惑をかけまいとする桃さんは、仕事を辞めて老人ホームに入ることにします。そんな桃さんのために、ロジャーは老人ホームを探し、その後も仕事の合間をぬってホームに入居した桃さんをしばしば訪ねたり、一緒に外出したりします。残り少ない桃さんの時間を、大切に過ごすふたりなのでありました。

このふたりは、実の親子じゃないけど、まるきり他人でもないという関係のせいか、必要以上にベタベタ甘えないし、よそよそしくもないという、ちょうどよい距離感を保っています。お節介は焼かずに相手の意志を尊重して肝心な時に側にいるみたいな感じ(まあ、実の親子でわーわー言い合いになったりするのも、それはそれでいいのかもしれないけどさ)。

正直、最初は「え、こんな老人ホームは気分が滅入るよね…」と桃さん以上にどんよりした私でしたが、最終的には、すごくいい場所じゃないけどそれほど悪くなかったのかも…と思うにいたりました(最後のほうである人がお葬式に花束を持ってやってくる場面でふとそんな気がした)。

お涙頂戴の話ではまったくナイけれど、さりげないのにしんみりといつまでも心に残るような場面がたくさんあって、いろいろと考えさせられる話でしたが、桃さんの人生はとてもしあわせでしたよ。
[PR]
by rivarisaia | 2012-12-13 22:01 | 映画/香港・アジア | Comments(0)