「ほっ」と。キャンペーン

如来神拳 カンフーウォーズ

ちょっと前にニコニコ動画で放映してて、ちょうど未見でみたかった作品なのですが、ものすごいエネルギッシュな映画だった…。忘れないうちにメモしておこうと思ったのですが、もともとTVドラマに向いているような長い話を94分に凝縮しているので、理解する間もなく、どんどん話が展開するうえに、いろいろもりだくさんすぎて、あらすじがまったく書けません!

b0087556_2243943.jpg

如来神拳 カンフーウォーズ(如来神掌)』監督:テイラー・ウォン/黄泰來

それでも、どんな話なのかざっくり書くと、

その昔、5人の達人の間で大きな戦いがあった→前提
その数十年後、主人公の青年が昔の戦いで死んだとされる火雲邪神に弟子入りし、武林で繰り広げられる戦いに身を投じ、その合間に恋愛があったり、生き別れの親子の再会があったり、いろいろな誤解が解けたり…


と、てんこもり。まったくあらすじになってないですが、これが私の限界です。詳しくはみてください。理解を超越して目が画面にクギづけ。

戦い方は、カンフーや剣術というよりは、手からビームを出したり、足がにゅーーんとのびたり、太鼓をドンドコドンドコ叩いたり(そういう攻撃なのである)…という、技の競い合いのような感じです。武林っていうより、仙界の戦いみたい。ネバー・エンディング・ストーリーのファルコンのような生き物も登場するよ(しかも、かなり活躍する)。

キャストも豪華で、ベティ・ウェイもかわいかったのですが、久々のロー・リエこと羅烈さんが美味しい役回りを持っていきました! よくわからないんだけど、羅烈さんは毎度「東~島~長~離~」と名乗りながら登場する。しつこいくらいに、毎度毎度「東~島~長~離~」と言いながら、のんびり歩いてやってくる。のんびりしてるので、いつも出遅れてるらしい(→ここポイント。そして、ちょう親近感)。

あらすじつかめてないけど、羅烈さんを満喫したので大満足ですよ。
これドラマでもおもしろいかも。

YouTubeで昔のドラマ版の映像がありました。白黒だけど、すごい手からいろいろ出てる! やだ、楽しい!



[PR]
by rivarisaia | 2013-04-30 22:43 | 映画/香港・アジア | Comments(0)