「ほっ」と。キャンペーン

セデック・バレ 第二部 虹の橋

第一部で蜂起したセデックの方々がどうなったのか、その続きが描かれるのが第二部。アメリカ・インディアンの虐殺や涙の道にも通じるやりきれなさ感が後半はより強いです。なんとも切ない。

セデック・バレ 第二部 虹の橋(賽德克·巴萊 彩虹橋)
監督:ウェイ・ダーション/魏徳聖

日本軍は直ちにセデック族を制圧しようと試みるが、険しい山の中での戦いは、圧倒的にセデック族のほうが有利であった。神出鬼没のセデック族に翻弄される日本軍ではあったが、武力でセデック族を追いつめていく…


こんなことをいうと身も蓋もないんですが、第一部を観ながら、誇りが大切なのはわかるよ、だけどそれこそ長い目で見た場合、現状を泥沼のなかで耐え忍んでも生き延びて未来につないでいくほうがいいのではないか…と現代人の私は考えてしまうわけで、セデック側にも日本側にも立てずに、こういうときに真っ先に殺される現場の人(たとえば下っ端の兵士とか、駐在の奥さんや子どもとか)がいちばん可哀想だよな…などとぼんやり思っていました。

そんな第2部は「文明で屈服させるつもりなら、野蛮の誇りを見せてやる」とセデック族が奮起すれば、日本軍が「文明を与えてやったのに、反対に我らを野蛮にさせおって」と憤るなか、セデック族の女性陣は壮絶な決意をするという展開になっていた。

いつの世も、男性の誇りをかけた戦いの裏でとばっちりくらうのは女性なのね。セデック語で歌われる歌の歌詞がもうね…やるせないんですけど(涙)

同じセデック族同士で戦わせる(蜂起に加わらなかった部族に、暴徒側の首を狩らせる)という、そりゃまあやるだろうけどでも非道、という作戦も取られて、最終的には武装蜂起は鎮圧されます。第二部で救いだったのは、「生きのびろ」というメッセージがセデックの側から出てきたところ。

本作ですが抗日の映画にありがちな日本が極悪非道という描かれ方にはなっていません。セデック族を何も考えてない蛮族だと思ってた日本の司令官も最後には彼らの心意気を認めるような発言もしたりする(いまさら認められても…もっと早く相手を尊重する気持ちがあればさーとも思うが)。

いずれにしましても、昔の台湾原住民の話はこれまであまり接する機会がなかったし、いまこうした映画が制作される時代になったことは喜ばしい。ますます台湾に興味もちました。

で、余談。

昨年台湾旅行の際に、会いにいった服飾デザイナーのからいただいたお土産がまさに、セデック族が身につけてるやつなのだった。この縞のやつ↓

b0087556_20531825.jpg

首から前に掛けてもよし、肩からかけてもいいし、エプロンみたいにしてもよし。でも巻スカートにするには幅が足りない。

東京で着用したら変かな…(夏場の私の服装は妙な民族衣装もどきが多いので、腰に巻いて近所の買い物に行ってもふだんの格好という気もする…)

さらに話がそれますが、セデックの人たちの音楽でビヨヨ~ンビョヨ~ンと口琴が使われていたのも、おお!ってなった。以前、イタリアのスカッチャペンシエリアイヌのムックリの話を書いたけど、あの楽器、形は違えど世界中にあるのね。台湾は画像検索すると竹製で糸がついてるようなのですが、演奏難しそう。

Wikipediaを見てみると、呼び名は口簧琴と書いてあった(ところで日本語の呼び名の「びやぼん」って音をまんま表してて響きがかわいい。今度からびやぼんと呼ぶことにしよう。

また、セデックの人たちの跳ねる踊り方はインディアンのパウワウでも似たようなのを見たことがあって、大陸が離れていても人類共通ですよねー。やっぱりそれぞれの民族の文化はおもしろいな。文明化されても残しておくべき文化はたくさんあるよね。
[PR]
by rivarisaia | 2013-07-05 20:55 | 映画/香港・アジア | Comments(0)