「ほっ」と。キャンペーン

ホワイトハウス・ダウン

映画館でこの映画の予告が流れたとき、わたしの隣に座っていた外国人と後ろに座っていた男性グループが同時に「ブラックホーク・ダウン…の続編…?」とつぶやいたのを聞き逃しませんでした! わたしも同じこと考えた。

b0087556_22182341.jpg

ホワイトハウス・ダウン(White House Down)
監督:ローランド・エメリッヒ

主人公の警察官ケイルは、シークレットサービスの面接を受けるために、政治マニアの娘を連れてホワイトハウスを訪れる。

面接は不採用に終わったケイルだが、娘を喜ばせるために、ホワイトハウス見学ツアーに参加。しかし、そのとき、謎の武装集団がホワイトハウスを占拠し…


で、アホっぼい警官ケイルが大統領とタッグを組んで武装集団をやっつけます!

結論から言うとすごくバカっぽかったです。あまりにもバカバカしくて、途中から笑いが止まらなくなっちゃった。久々に脳を使わない映画もいいもんだなー。

人々がポカーンと見守るなか、ホワイトハウスの中庭で激しいカーチェイスがはじまり、大統領がロケットランチャー落っことすあたりがたまらなかったです。

いろいろな伏線がちゃんと回収されるのはいいんだけど、最後の渾身の旗振りとかどうなの、あれは…。軍人としてどうなの…。きちんと命令撤回が間に合ってほしかったんですけど、まあいいか!

現職大統領の安否が謎になり、そこからてんやわんやの「大統領権限たらい回し」状態。

いっそのこと謎の武装集団の目的も、もっと単純でよかったのになあ。あと、ほとんど解決した段階で本当の黒幕はコイツだ!とか言われても、名前を覚えてなくて「それ誰でしたっけ?」と一瞬ぼーっとした私です。

『ダイ・ハード』と似たような展開で、そんな本作も面白いんだけど、しかしやっぱり『ダイ・ハード』には勝てなくて、いまさらながら『ダイ・ハード』はうまくできてるなあと再確認もしました。それにしても悪のハッカーが、クラシック音楽を好むのは何でなんでしょうね。時代が進化してるのに、「悪のハッカー」像がぜんぜん進化してないのは何故だ(笑)
[PR]
Commented by fontanka at 2013-08-30 23:25 x
夫が宣伝をみて
アメリカって世界の中心だと思っているんじゃないかと
Commented by rivarisaia at 2013-08-31 02:40
ところがどっこい。今回ホワイトハウスを占拠する敵は外国のテロリストじゃないんですよ!

それ以上はネタバレになっちゃうけど。
by rivarisaia | 2013-08-30 22:25 | 映画/洋画 | Comments(2)