HHhH  プラハ、1942年

読んでからずいぶん日が経ってしまったけど、忘れないうちに。今年読んだ和書で間違いなくベスト10に入る1冊。(追記:感想その2もあります

b0087556_23485055.jpg

HHhH  プラハ、1942年』ローラン・ビネ著、高橋啓訳 東京創元社

変なタイトルです。エイチエイチエイチエイチと読めばいいのか、フランスの小説だからアッシュアッシュアッシュアッシュなのか。

このタイトルは「Himmlers Hirn heiβt Heydrich(ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる)」の略であり、ハインリヒ・ヒムラーの右腕だったラインハルト・ハイドリヒのことを意味しています。

本書は「死刑執行人」「金髪の野獣」などとも呼ばれていたラインハルト・ハイドリヒの暗殺事件の話であり、実行犯であるふたりの青年と彼らに協力したプラハの人々の話であり、そしてそれらの真実を、いかに事実に忠実に伝えるのか苦悩する「僕」の話でもあります。

ラインハルト・ハイドリヒは、有名な粛清事件「長いナイフの夜」に大きく関与していた人物で、さらに「ユダヤ人問題の最終的な解決策」の発案者でした。最終的な解決策。つまり何が言いたいかわかりますよね。

ナチスの保護領となったチェコの総督代理となったハイドリヒは、やがて暗殺される。彼はナチス高官でただひとり暗殺された人物でした。

エンスラポイド作戦とよばれたこの暗殺のために、英国のチェコ亡命政府は何人かの兵士をプラハに送り込みます。実行犯となったのはヨゼフ・ガプチークとヤン・クビシュ。暗殺は成功するものの、その後行われた報復は凄惨きわまりないものだったのです。

歴史小説やノンフィクションには著者の思想が織り込まれていたり、ちょっとした創作が演出要素として盛り込まれていたりするものですが、本書の「僕」はそうした虚構を徹底的に排除しようと、さんざん葛藤し自問自答しながら、史実を語ろうとします。

過去の出来事の合間に、過去を語ろうとしている現在の「僕」の声が入るという変わった構成なのですが(最初は「僕」の声が鬱陶しいと思ったことも告白)、しかしそのおかげでだんだんと圧倒的な迫力で有無を言わさず史実がせまってくるのです。

読者であるわたしたちは、確かにプラハにいて、あの暗殺事件を「僕」と一緒に一部始終目撃した、そんな読書体験。読んでからあんなに日がたったいまでも、教会の場面がくっきりと脳裡に浮かぶ。実際には見てないのに。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/21378872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2013-10-31 22:32 x
おそらく私には「読めない」本の気がします。

プラハに行った時に、「銅像」があったんです。
その主は、尋問のために連行されて、今も行方不明という説明があった記憶があります。
Commented by rivarisaia at 2013-11-01 16:44
テーマがテーマなだけに無理にとはいえないんですけど、実話に対してこんな小説の書き方ができるのかと度肝を抜かれる本なので機会があったらぜひどうぞ。ナチスをテーマにした小説で、これを超えるものは当分出てこないと思うくらい、別格です。
Commented by fontanka at 2014-02-10 22:20 x
トライしています。かなり一気してしまってます。

もうすぐ(おそらく)暗殺がって段階にきているんですよね。
なんか、だんだん読み進めるのが辛くなってきています。

Commented by rivarisaia at 2014-02-10 22:37
なんと! 勧めておいて今更ですが気持ち的に大丈夫でしょうか。最後のほうがかなり辛くて、わたしは言葉が出ないほどでしたが、歴史に埋もれてしまった無名の勇気ある人たちを讃える本だなと思ってます。
Commented at 2014-02-14 20:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rivarisaia at 2014-02-16 19:49
読むのが辛い時は、いつか読める時が来た時に読めばいいので、無理に読まなくてもいいと思います。そういう本って、誰でもありますよね。

この本は迫ってくるものも大きいので、じつは私、これ読んでから、もう他の似たテーマを扱うフィクションはまったく読みたくない気持ちになっちゃった。。。
Commented by fontanka at 2014-02-19 21:34 x
撤退しちゃいました。

で、今は「帰ってきたヒトラー」に・・・
Commented by rivarisaia at 2014-02-20 22:14
おおう。そんなこともありますよ。『帰ってきたヒトラー』はまだ読んでいないので、fontankaさんの感想待ってます!
by rivarisaia | 2013-10-30 23:52 | | Trackback | Comments(8)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る