シスターズ・ブラザーズ:馬がいい感じのドタバタ西部劇小説

2011年のブッカー賞ショートリストに残っていたウェスタン小説。感想書かずにいたら、今年の5月に翻訳も出ました。翻訳もすごくいい感じだし、なんだか愉快な話なのでおすすめ!

b0087556_22584746.jpg

シスターズ・ブラザーズ』パトリック・デウィット著、茂木健訳、東京創元社

1851年のアメリカ。

ずる賢くて冷血漢の兄チャーリーと、ドンくさくて優しいけどキレると手に負えない弟イーライ。これが凄腕の殺し屋シスターズ兄弟である。

ふたりは雇い主の「提督」から、とある山師を消すよう命じられる。おりしもときはゴールドラッシュ。オレゴンからサンフランシスコへ、ふたりの珍道中はこりゃいかに!


という話です。この兄弟がナイスコンビで、珍道中っぷりが可笑しいです。そもそもふたりは殺し屋だし、道中も過酷な出来事にみまわれ、当然血と暴力にまみれてもいるのですが、なにせ語り手がちょっとボケてる弟イーライ。絶妙なというか、珍妙な語り口で、バタバタと人が死んでいるというのに、どうにもほのぼのした旅路に見えてしまうというのがミソです。

コーマック・マッカーシーの世界が広がっている…はずなのだが…なんかユーモラス。

そして、本書のもうひとつの主役は馬です。主役っていうのは言い過ぎかもしれないけど、馬、ちょう重要! しかもダメ馬。今年の東京国際映画祭で、馬映画をみたわたしとしては、馬がいい味出してる小説としてもおすすめしたい。馬映画をみたあとに、「そういやダメ馬が出てくる小説を読んだよなー」と、この本のことを思い出したのだったよ。

原書タイトルは『The Sisters Brothers』Patrick deWitt著、Eccoから出ています。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/21402049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2013-11-09 20:20 x
「馬!」ですか、(先日のディープな馬映画といい)
ぜひ、ラスベガス行って中世騎士物語に参加してきてください。
Commented by rivarisaia at 2013-11-11 16:26
馬です!!しかも、今回はダメ馬です!!

この馬づいている今こそ、ラスベガス行って中世騎士物語に参加したいよー!
by rivarisaia | 2013-11-03 22:58 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る