2013年これを読まずして年は越せないで賞ショートリスト

またもや「これ読ま」の季節がやってきました。今年はロングリスト→ショートリスト決定ツイッター会議もあって、ちょっと進化してます。しかも部門もひとつ増えたし!

ということで、いまからみなさまもぜひともショートリストの候補作のなかから気になる作品を読んでいただき、12月の受賞作決定の話し合いに飛び入り参加してみてくださいね! 飛び入り大歓迎。わたしもまだ全部読み終わってないうえに、感想もぜんぜんアップしてないんですが、間に合えば感想書くわね…。

さて、ショートリストです。

1)児童書/YA
b0087556_2002380.jpg

『One and Only Ivan』Katherine Applegate著、HarperCollins→感想
『The Screaming Staircase』Jonathan Stroud著、Disney-Hyperion→感想
『The Sea of Tranquility』Katja Millay著、Atria Books
『Eleanor & Park』Rainbow Rowell著、St. Martin's Press

児童書/YAは3冊に絞るところ、"The Sea of Tranquility" と "Eleanor & Park" のよみくらべという意味もあっての4冊。

2)ノンフィクション
b0087556_2023898.jpg

『Lean In』Sheryl Sandberg著、Knopf
『Zero Waste Home』Bea Johnson著、Scribner
『The Signal and the Noise』Nate Silver著、Penguin

"Lean In" は邦訳も出てますね。あとはゴミをゼロにするくらしの本と、あのネイト・シルバーのデータ分析の本が候補作。

3)フィクション(文芸小説・短篇集)
b0087556_2025242.jpg

『A Tale for the Time Being』Ruth Ozeki著、Viking Adult→感想
『Dear Life』Alice Munro著、Vintage

ルース・オゼキの新作と、ノーベル文学賞受賞おめでとう!のアリス・マンローの新作です。

4)フィクション(SF、ミステリ、ラブロマンスを含む大衆小説)
b0087556_2032499.jpg

『The Rosie Project』Graeme Simsion著、Penguin→感想
『The Husband's Secret』Liane Moriarty著、Penguin Books→感想
『The Emperor's Soul』Brandon Sanderson著、Tachyon Publications
『The Storyteller』Jodi Picoult著、Atria→感想

新しく、フィクションがふたつにわかれました。こちらのフィクションは読みやすい本がそろってるよー。

ちなみにロングリストの候補作は渡辺さんのブログのこちらの記事をどうぞ

どのような経緯でショートリストを絞り込んだのかは、洋書ファンクラブ「2013年 これを読まずして年は越せないで賞」ショートリスト決定会議まとめをごらんください!
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/21459883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by めいぷる at 2013-11-14 03:56 x
こんにちは!
シグナル&ノイズも11月に邦訳でますね。

Rosie Project は、ギークが若くてきれいで困った女の人に振り回される、というあらすじを見ただけでおなかいっぱいなのですが、こういう機会に手にとってみるといいかもしれませんね。
Commented by rivarisaia at 2013-11-15 21:26
そうそう、シグナル&ノイズ、邦訳でも読み直したいです…(数字が苦手なので…とはいえ日本語で読んでも同じだろうけど…)

『Rosie Project』はなかなか楽しいのでおすすめです! 感想...感想そのうちに書きますねー。
by rivarisaia | 2013-11-13 20:14 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る