The Rosie Project(ワイフ・プロジェクト)

いまから大掃除小分け大作戦の計画を練るので、きょうはサクッと感想書きます。これ読まのフィクション部門その2の候補作のうちの1冊。

b0087556_17181375.jpg

The Rosie Project』Graeme Simsion著、Penguin、Simon & Schusterほか

検索したら表紙デザインがいろいろ出てきたので並べてみました。どれが好き? わたしが気に入ってるのは、いちばん左のペンギン版ロブスターの絵のデザインですが、ブルーに自転車の絵のデザインもいいな。

そう、本書ではロブスターと自転車がちょっとしたキーアイテムとして登場します。

先日紹介した別の候補作『The Husband's Secret』と同じく、本書も舞台はオーストラリアです。余談ですが、季節が逆になることを忘れていて、ときどきあれ?ってなったりするわたし。

あらすじ。

大学の准教授のドンは、頭がよくて、合気道もできて、顔もよくて、料理も上手。そろそろ結婚すべきと考えたドンは、理想の相手を見つける計画を立てるが、ひとつやっかいな問題があって、それは……彼の性格なのだった。


ドンは、たとえていうなら、『ビッグバン・セオリー』のシェルドンである。シェルドンならきっとこう言うね!というようなことをドンも言う。大体からして、理想の妻を見つけるプロジェクトの一環として、まず女性に回答してもらうための16ページものアンケートを作成してる時点で、シェルドンである。

そんなドンは、友人からロージーを紹介される。ロージーは妻候補としてはまったく論外だったのだが、わけあって、ドンはロージーの生物学的な実の父親探しを手伝うことになり…


ロージーのお父さん探しのドタバタと、中断しているドンのお嫁さん探しはどうなる!?というコメディです。わたしのなかでは、ドン=シェルドンで、読んでいてすごく楽しかったし、ところどころ大笑いしてたのですが、なんと、中盤以降でドンが『アラバマ物語』のグレゴリー・ペックに似ていることが判明。

顔がグレゴリー・ペックで、性格がシェルドン……。まったく想像できないよ!(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/21536535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2013-11-25 17:20 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る