紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく

忙しい時こそ、ちょっとお茶を飲んで一息つく時間が大切よねーと言っていて、お茶といえば、大変おもしろい本があったことを思い出したので、かけ足でおススメします。ノンフィクションです。

b0087556_23261470.jpg

紅茶スパイ: 英国人プラントハンター中国をゆく
サラ・ローズ著、築地誠子訳、原書房

19世紀、紅茶の生産は中国が独占しており、そのお茶貿易を一手に引き受けていたのは東インド会社だった。

だがしかし。アヘン戦争が終わる頃、東インド会社の中国との茶貿易に暗雲がたちこめる。このままでは大切な茶が英国に入ってこなくなるかもしれない。茶の危機! 危うし貴重なティータイム!

そこで大英帝国および東インド会社は考えた。

「インドで茶を栽培したらいいじゃん」


そう、当時はインドでは紅茶など作られていなかった。だがインドにはお茶を育てるのに最適な地域があった。インドで紅茶をつくることさえできれば、わがままな中国の言うこと聞かなくて済むし、ホント最高なのだが、問題が一つあった。

茶の製法もチャノキの苗やタネも、中国の国家機密……


何としてもこれを盗み出さねばならぬ。ということで、白羽の矢が立ったのは、園芸家のロバート・フォーチュン。中国語も離せないのに、辮髪姿の中国人に変装して危険な中国奥地に潜入するフォーチュン氏。その運命やいかに!?

ロバート・フォーチュン物語として映画化してもいいくらい面白い。彼がいなければダージリンをはじめインド紅茶はこの世にはなかった。しかもプラントハンターとしての腕前、植物を見極める目はすばらしく、紅茶と緑茶は別々の木から取れるたのではないことを発見したのもフォーチュン氏だし、茶以外の東洋の珍しい植物を収集して西洋に紹介したのも彼なのである。ちなみに日本にも来ています。

お茶の苗木をどうやってインドに枯らさずに運ぶか、という難問にも直面するのだが、これに対してはテラリウムを利用するのである。この時の試行錯誤も、本当におもしろい。知恵って大事ですよねえ。

余談ですが、中国がこの時代にすでに添加物問題を起こしていたのも、変わらないわね…人って…と思いました。お茶にプルシャンブルーとしてしられるフェロシアン化鉄を入れ、青い色をつけていたそうですよ。あと硫酸カルシウム二水塩である石膏も入れてた。理由は、そのほうが色がよいので売れるから。

100ポンドにつき半ポンド以上のプルシャンブルーと石膏を入れていたっていうの驚き。どんなお茶なんだ…。そんなこともあって、「もうやだ、絶対にインドで茶をつくる!」と大英帝国&東インド会社は奮闘したわけですね。それにはこの偉大なるプラントハンターの命がけの暗躍があったのでした。

さあ、それじゃ私も今からお茶でも入れてくるわね。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/21953202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by めいぷる at 2014-01-30 05:41 x
面白そう!中国人に化けてってところで記事読むの中止しました。
続きは本で読みます!
プラントハンターとか、秘境に挑んだ冒険家とか、この時代って危険を冒してこそ紳士みたいな感じで大変です。
Commented by きたきつね at 2014-01-30 21:58 x
すぐに本屋に走りました。
いやーおもしろいです。まだ最初しか読んでいないけど、1章の海賊に襲われるくだりが既にすごい。
武夷山にも行くようなので先が楽しみです。
ご紹介ありがとうございます!
美味しいお茶を飲んで、お仕事がんばってくださいね。
Commented by rivarisaia at 2014-01-31 00:02
>めいぷるさん

ダーウィンもそうですけど、冒険してなおかつ植物や動物を採集して、持って帰るって大変ですよね…特に昔の冷蔵庫もないような船旅時代…。

ぜひぜひ、続きは本で!
Commented by rivarisaia at 2014-01-31 00:08
>きたきつねさん

お茶好きな方は絶対に楽しい本だと思いますよ〜! インドの紅茶だけじゃなく、帆船の技術とか陶磁器とか、お茶が各方面に及ぼした影響力はあらためてすごいな…としみじみ。

東インド会社の汗と涙の紅茶プランテーション物語、も読んでみたい。
by rivarisaia | 2014-01-29 23:33 | | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る