「ほっ」と。キャンペーン

死霊館

有名な超常現象研究家のウォーレン夫妻(実在の人物)が、これまで調査した中で最も恐ろしい事件だったと語る1971年の出来事の映画化です。

b0087556_1183068.jpg

死霊館(The Conjuring)』監督:ジェームズ・ワン

ロードアイランド州の一軒家に越して来たペロン一家が、次々と奇怪な出来事に遭遇し、やがて事態はエスカレート。そこで、超常現象研究家のウォーレン夫妻に助けを求めるのだが……


先日、諸事情により海外の心霊サイトを見てたんですよ。そういや、昔住んでたテキサスのわが町にも、心霊スポットって「一応」あったよなーと、テキサスのわが町心霊スポット紹介サイトを検索してみたら、あるにはあった。

あるにはあったのだが、何と言うか……どれも陽気でフレンドリーなテキサス人らしいサイトばかりで、心霊っぽい湿った恐怖が皆無なのである。例えば

歴史ある○○ホテルの2階には18世紀の幽霊がうろついているので、忘れずにチェック! それからホールをさまよう老婦人もいるかもしれません。会えるといいね。グッドラック!


といった調子で、ええと、この、珍しい動物を探すような楽しげなノリは何ですか。

まあね、テキサス人にとって真に怖いのは、さまよってる幽霊よりも、さまよってる逃亡中の連続殺人犯。それからヒッチハイカーをさらって労働させる奴隷農場の話……。そういうほうが真実味があって、心の底から怖い。ああ、私もテキサスのせいで幽霊なんて、あんまり怖くなくなっちゃったよね…(しんみり)

だいぶ話がずれましたので、本作に戻りますと、

さすが東海岸は能天気な砂漠とは違う!

幽霊もテキーラ飲んで酔っぱらってんじゃないのかと思いたくなるサボテン地域とは、ぜんぜん違う! 森に湖、そして魔女狩りという邪悪な歴史! やっぱり湿ってる感じがないとダメだよなー。

全体的にはそれほど怖くなかったのですが、なかなか面白かったです。最初のほうは、ワッ!と脅かされるようなビックリ場面が多くて、いちいちびっくりしてましたが、ただ最後のほうは、結局霊なんだか悪魔なんだかよくわからなくなった上に、邪悪なパワーが強力すぎてやや引いた。

最後に勝つのは家族愛かあ、と思いつつも、あんなことあったら、娘はトラウマじゃないのか、お母さん……と家族の今後がちょっと心配です。
[PR]
Commented by fontanka at 2014-06-07 00:48 x
昔スコットランドを旅行していたら、幽霊が出るという古城ホテルがあって、観光だけして、泊まらず。
夜に白いドレスのレディがピアノを弾くとか・・・・

会えるかもしれませんよってノリでした
Commented by rivarisaia at 2014-06-09 23:46
古城ホテルは出そうですねー。白いドレスの婦人は、怖いのか綺麗で見とれちゃうのかどうなんでしょう(それとも上品であまり怖くないのか謎)。イギリスも、いろんなお城に幽霊の話があって、なかなか面白いですね。
by rivarisaia | 2014-06-06 01:27 | 映画/洋画 | Comments(2)