「ほっ」と。キャンペーン

MAMA

毎日バタバタしてるし、天気はパッとしないし、もうイヤだーー! ということで、こういう時はホラーですよね。ホラー。そこで連日のようにホラーを観ている私なのであった。

b0087556_1633572.png

MAMA (Mama)』監督:アンディ・ムスキエティ

元々、監督が発表したショートフィルムがあって(すごく恐い)、それを気に入ったギレルモ・デル・トロが製作総指揮となって、長編化したのが本作です。

余談ですが「ゲーム・オブ・ザ・スローンズ」のジェイミー・ラニスターことニコライ・コスター=ワルドーが出てるのでびっくり! あんまり役に立たないんだけどさ…。

ここで、ざっくりとしたあらすじ。

ビジネスに失敗したお父さんが、仕事仲間と妻を殺害し、二人の幼い娘とともに森に逃亡。そこで娘たちを殺そうとしたところ、何者かに襲われてお父さんは姿を消す。かくして二人の姉妹だけが森に残された……。

5年後。

森の中で生きていた姉妹が発見され、父親の弟ルーカスとその恋人アナベルに引き取られることになるのだが……


あのね、まず何が恐いって、野生児と化した二人姉妹ですよ。うわっ!とすごくびっくりしたら、幽霊じゃなくて野生児だったという展開が何度かありましたが、彼氏の姪だからということで、そんな不気味な野生児と幽霊のオマケ付きで一緒にくらすはめになったアナベル(ジェシカ・チャステイン)はとても頑張った、と思う。そして、二人の姉妹と「ママ」の秘密に気づく博士には言いたい。「暗い森にひとりで行くなー!」

さて、本作は画面の構図もとてもよかったです。遠くから引いて捉えている光景の隅っこのほうで、ふわっと一瞬何かがよぎるんだけど、よく見えないという、ホラーにありがちだけど、それが絶妙な切り取り方。

製作がスペインとカナダで、監督はアルゼンチンの人だからなのか(さらにデル・トロさんも関わっているからか)、アメリカのホラーとは違う、暗くて湿った空気感に哀しさが漂っていて、『アザーズ』とか『デビルズ・バックボーン』とか『永遠のこどもたち』あたりが好きな人にはオススメ。

「ママ」の正体も悲しかったし、最後もねえ、切ない終わり方なんだよね。しかしよくよく考えると、全員が一応は幸せなので、ハッピーエンドなのかもしれない。それぞれ自分が求めているところに収まったから。でもお姉ちゃん、辛いよね(涙)。

オマケとして、元になったショートフィルム貼っておきますね。デル・トロさんが冒頭で絶賛してます。


[PR]
Commented by 映画ログ at 2014-07-09 11:09 x
はじめまして。
私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
と思い、コメントさせていただきました。

トップページ
http://www.eiga-log.com/

こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.eiga-log.com/rc/

また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
よろしければぜひ遊びにきてください。

お待ちしております。
Commented by rivarisaia at 2014-07-12 22:21
こんにちは。

グラフ作れるのは便利そうですね。またのちほどゆっくり拝見いたします。お知らせとお誘い、ありがとうございます。
Commented by 映画ログ at 2014-07-17 10:16 x
ご返信ありがとうございます。
ご都合のよろしい時にレビューやコメントなどなど参加して頂ければとても嬉しいです♪
スタッフ一同、お待ちしております。
by rivarisaia | 2014-06-25 17:05 | 映画/洋画 | Comments(3)