「ほっ」と。キャンペーン

マダム・イン・ニューヨーク

盛況なようでちょっと嬉しいインドの映画。宣伝が功を奏した例のような気がします。インド映画をあまり観ない層にうまく届いたのかもしれないなー。

b0087556_19571590.png

マダム・イン・ニューヨーク(English Vinglish)』監督:ガウリ・シンディー

シャシ(シュリデヴィ)は、二人の子どもがいる主婦。料理上手で、お菓子(ラドゥ)のケータリングサービスもやっているのだが、ビジネスマンの夫からは認めてもらえず、英語ができないことで娘からもバカにされていたりする。

そんなある日、ニューヨークにすむ姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、家族より一足先に、シャシは単身アメリカに行くことに……。


まったく英語ができないために、ふだんからコンプレックスを抱えていたシャシ。アメリカでもコーヒー1杯すら買えず、すっかり自信喪失するんだけども、シャシが偉いのは、ここで一歩前に進むところ。「4週間で英語が話せるようになる」という広告をみて、英会話学校に行く決意をするのだった。たぶんすがるような気持ちだったんじゃないかなー。

でもこの英語学校のおかげでシャシは大きく変わる。単に英語ができるようになったから自信がついたのではなくて、英語ができるようになったおかげで自分の存在を認めてくれる友人ができて、いろいろな考え方に触れたり、自分の意見を人に伝えたりするうちに自信を取り戻すことができた。世界が広がってほんとによかったね、と思う。

シャシの自信喪失はコーヒーの注文だったけど、大体からして、昔からアメリカで食事を注文するのは割とハードルが高い。最近は日本もそうなってきてるけど、客がいろいろな指定をせねばならず、サラダひとつにしてもドレッシングを複数の中から選ばないといけないし、サンドイッチだってパンの種類やら、中に入れるものやら、肉の焼き具合やらいろいろ決めないといけないこといっぱい。困惑するのもわかるわー。

あと、国籍も年齢も職業もさまざまな生徒がやってくる海外の語学学校の楽しさは私も知っているので、ああ、いいなあと懐かしくなったりしました。

余談ですが、ニューヨークに向かう飛行機の中で、シャシの隣にアミターブ・バッチャンが座る場面、バッチャンのはっちゃけぶりに吹き出しました。さすがバッチャン、いいこと言ってたよね。
[PR]
Commented by fontanka at 2014-08-11 20:16 x
海外での食事の注文→そうですね身につまされます。
ついマクドナルドでご当地の味に挑戦するとか。

食物アレルギーのある私は、その国の言葉で、アレルギーがありますをもちあるいてます。
ドリンクはコーヒー(ブラック)とか、食事の世界はひろがらないなぁ
Commented by hans at 2014-08-13 23:27 x
英語で注文…。苦い思い出でいっぱいです(笑)
その中でも、今でも昨日のように覚えているのが、ロンドンのマックで「カプチーノ」を頼んだら、「紅茶(おそらく cup of tea と勘違いされた…)」が出てきて、思わず絶句したことかな…。

まぁ、そもそもマックでカプチーノを頼むこと自体が間違えだったのですが…。

この映画、観てみたい~!
Commented by rivarisaia at 2014-08-16 21:38
>fontankaさん
マクドナルドでご当地の味を食べてみる…あるある。やります! あと私は、無難なものを頼めばいいものを、好奇心から得体のしれない謎なものをオーダーしてしまいがちで、予想外の料理が来て、ぜんぶ食べられなくて後悔することも多いです……。

食物アレルギーがあると大変ですね。
Commented by rivarisaia at 2014-08-16 21:42
>hanaさん
カプチーノと「cup of tea」は確かに似てますね!! やはり英国だと店員さんのほうも「このお客さんはカプチーノと言っているような気もするけど…いや、紅茶でしょ、ふつう紅茶飲むでしょ」と思ったのかもしれませんよ。。。

私もスペインで、頑張ってスペイン語で「オレンジジュースとイチゴ」を食後に頼んだところ、どういうわけかオレンジジュースの中にぷかぷかと小さいイチゴが浮いているものが出てきたことがありました。何故!?

この映画おすすめですよー!ぜひぜひ。


by rivarisaia | 2014-08-11 20:02 | 映画/香港・アジア | Comments(4)