「ほっ」と。キャンペーン

GODZILLA ゴジラ

ごめん、私は選ばれし観客ではなかったので、そろそろほとぼりが冷めたであろう、今頃こっそりと。

リメイクではない新しいゴジラなので、「ゴジラはこうあるべき」みたいな考えにとらわれずにもっともっと自由にやってもよかったかもしれないよ、と思ったんですけど、そう感じる私はたぶん少数派で、実際にもっと自由にやったらゴジラマニアが怒ってしまったりするものでしょうか、難しいね。

b0087556_2256915.png

GODZILLA ゴジラ(Godzilla)』監督:ギャレス・エドワーズ

公開されたばかりの頃に、なんの前情報もなく観たのでびっくりしたのが、オスとメスの新怪獣ムートー夫妻です。ゴジラしか出ないと思ってたのに、誰、アンタたち!?

そしてムートー夫妻の造形が、私的にはちょっとダメでした。これが致命的でした。ゴジラと並んだときにエヴァンゲリオンっぽいヒョロヒョロ加減がバランス悪くて、私は嫌い。ゴジラの世界で、ああいう形に生物というか怪獣は進化しないと思うんだけど、薄暗い画面でゴジラとの違いがハッキリわかるという点だけは役に立っていた。

しかし、よかったところもあります。箇条書きにしてみる。

・オープニングタイトルがすごく、すごくかっこよかった。
・右往左往するしかない人間の無力感もよかった。ちょっと前に、ゴジラ話をしていた時に「周囲の建物に合わせて、近年の怪獣は大きくならざるを得ない」という指摘を聞いてハッとしたのですが、ムートー夫妻もゴジラも、あそこまで巨大だと人間は何もできないね。
・珍妙な日本の町。嫌な人いそうだけど、割とツボだった。なんかいい、あの町。散歩したい。
[PR]
Commented by 大澤遼 at 2014-09-16 01:06 x
今晩は、Twitterの大澤です。

春巻さんもムートーがダメだったのですね。僕も生理的にまったく受け付けられず、今回の「ゴジラ」には条件反射で、即否定的な評価を下してしまいました。苦笑

映画のようにムートーではなく、ゴジラにハワイやサンフランシスコを破壊してもらわないと、映画的なカタルシスもありませんよね。(;_;) (でも、海に帰るラストは好きです)(^_^)v

次作にはキングギドラも登場するようなので、ハリウッド版「ゴジラ」にもう一度挑戦したいと考えています。
Commented by rivarisaia at 2014-09-16 20:04
>大澤さん、こんにちは!

そうなんです。ムートーが、まったくダメでした。心の準備ができていれば、もうちょっと受入れられたのかもしれないけど…(いやでもあの造形はナイわー)。

あと、主人公と彼を取り巻く人々(父親とか妻とか子ども)の話があっさりしすぎていて、だったらいっそもっと簡略化してもよかったかもよ…とも思いました(奥さんもわざわざ街に残らず、子どもと一緒に避難してもよかったのに。。。)

キングギドラはちょっと観てみたいので、次回作に少し期待してみます!
by rivarisaia | 2014-09-12 22:56 | 映画/洋画 | Comments(2)