「ほっ」と。キャンペーン

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

映画館で予告みた時には「うわ、ばかばかしい。ぜったいみない、アライグマ…けっ!」と思ったのに、猛烈にばかばかしい映画を欲していたのでさっさと観に行った。ばかばかしくてサイコー! アライグマと結婚したい(えっ!?)

b0087556_9211218.png

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Gurdians of the Galaxy)』監督:ジェームズ・ガン

あらすじは、別にいいですよね。強いていえば、

幼少の頃に地球から宇宙人にさらわれた人間の男性と、緑色の宇宙人女性と、マッチョなハゲと、やさぐれたアライグマと、でっかい木、の5人組が、邪悪な敵と戦います。おわり。


振り返ってみると話はありがちですけど、ゆるーい感じが、どうもアメコミ原作の映画が苦手らしい私に合ってました。そんなわけで、アメコミが苦手な人にもオススメ!

さて、本作でグッときた三大ポイント。

主人公の人間男性ピーターがやや太め(あるいはその可能性を秘めた体格)
私はやや太めな体格が大好きなので、ここ重要。クリス・プラットいいですよね! 本作のためにがんばって減量したらしいのに、やや太め呼ばわりしてすまん…。

いつでもどこでも気軽に踊っちゃうところ
踊り、大切! それも上手い踊りを披露するのではなく、鼻歌のノリでふふふんと踊っちゃうところに「同志よ!」と一緒にくるくる回りたい気持ちです。宇宙にとどろくケヴィン・ベーコンの伝説。最後の「踊る鉢植え」も家にひとつほしいところです。

アライグマ
私にとってアライグマといえば、テキサスのアパートのゴミ置き場によく出没していた獣くらいにしかとらえてなくて、ラスカルだってまったく好きじゃなかったのに……。ロケットさんは、これまでのアライグマとは違う。そうそう「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を結成するにあたって人間がクサい演説をぶってた時、ロケットさんは「ああ、こういうのうぜえ…」って顔してましたよね。あれよかったです。そんなロケットさんのことを「可愛い」などと言ったら撃ち殺されると思います。

b0087556_9231429.png

あ、もう一つオマケ。ピーターを地球から誘拐した窃盗団のリーダーで、育ての親ヨンドゥもいいアニキですよね! だが、あの武器は……あれは無敵すぎて反則ではないのか…(笑)
[PR]
Commented by fontanka at 2014-09-22 15:43 x
WWEのバチスタがでてる映画ですよね。
おそらく見ないだろう私:理由

WWE→映画の宣伝のために、バティスタ押しして、結果としてスターの一人(cmpunk)がやってられないって引退しちゃったので、「絶対みないぞ」の映画です。
出来不出来とはまったく関係ない理由でしたぁ
Commented by rivarisaia at 2014-09-24 23:17
あ、あの体のでかい人がそうですね。私としてはアライグマ、木、やや太めの主人公!の三本柱がメインだったので、体のでかい人は割とどうでもよかった…(すみません)

WWEも映画の宣伝でそういうことするんですね、へえええ!
Commented by 大澤遼 at 2014-09-25 02:46 x
今晩は

ヨンドウのおっさん、最後はわざと騙されてあげましたよね。あれを見て、いい奴じゃないかよ、と思いました。(^_^)v
Commented by rivarisaia at 2014-09-26 18:51
ヨンドゥのおじさんは、どこまで本気なのか(お前殺してやる!とか言うの)謎でしたが、最後の最後でめっちゃいい人だったことがわかって、もう大好きです!!
by rivarisaia | 2014-09-22 09:23 | 映画/洋画 | Comments(4)