カトリック教会の諸宗教対話の手引き――実践Q&A

日本において、カトリックは知名度こそあれ、まったくもってマイナー宗教でありまして、やはり超メジャーなのは仏教や神道。真の意味での信者は少ないのかもしれないけど、伝統儀式といえばやはり仏教か神道。信者じゃなくても、初詣は神社に行くし、葬式では坊さんにお経あげてもらったりするわけですよ。

さて、かような他宗教の行事において、マイナー異教徒はどのように振る舞ったらよいのか、そんな問いに細かく答えてくれる便利な本がこちら! これなかなか面白い。

b0087556_23443839.png

カトリック教会の諸宗教対話の手引き――実践Q&A』日本カトリック司教協議会 諸宗教部門編、カトリック中央協議会刊

充実の目次がカトリック中央協議会のサイトに出てますので、まあご覧くださいよ。門松飾ってもいいの? 七五三どうすればいいの? 近所の祭に参加してもいいの? 葬式は? お墓は? といった疑問にぜんぶお答えしてくれてます! すごい! まさに実践Q&A!

キーワードとして、「参加」は駄目だが「参列」はまったく問題ない、という、一瞬屁理屈っぽいことを言うのだが、宗教の衝突で戦争が起きちゃう世の中において、こういう発想は非常に重要なのではないかと思うのだった。

ちなみに、どの質問に対しても大変に柔軟な回答となっており、さすが地域社会と折り合いつけるのが上手なカトリック……2000年続くだけあるわ……と感心いたしました。

Qが88もあるというのに、152ページと意外と薄くて、お手軽な小冊子のような本なんですけど、中味は充実。これは他宗教の方々にもおすすめです。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/24174175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-02-26 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rivarisaia at 2015-03-03 00:05
それはたぶんちゃんとした学者の人でも本が1冊書けるようなものなので、正直私にもよくわからないんですけども、たぶんその例えでいくと聖霊はプログラム言語じゃないでしょうか。違うかな。どうだろう。
by rivarisaia | 2015-02-24 23:59 | | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る