「ほっ」と。キャンペーン

エイプリルの七面鳥

この前、IMDbをサーフィンしていて『ショート・ターム』のメイソンって、七面鳥のティミーだったのか!ということに気づいてびっくり。雰囲気がガラリと変わってるので、別人みたい〜。

七面鳥とは、この映画です。名作です。

b0087556_2304637.jpg

エイプリルの七面鳥(Pieces of April)』監督:ピーター・ヘッジズ

感謝祭に、離れてくらしている家族をアパートに招待したエイプリル(ケイティ・ホームズ)が七面鳥を焼く、という話です。

七面鳥を焼くためにアパート中を走り回って奮闘するエイプリルと、そんなエイプリルの元へと車を走らせる家族の様子が交互に描かれるのですが、果たしてエイプリルはちゃんと七面鳥を焼くことができるのか、そもそも家族は無事にエイプリルの家にやってくるのか、けっこうハラハラさせられるうえに、何だかめっちゃいい話で泣ける……。

「七面鳥を焼く」というだけで、こんなボロ泣きしたことあったでしょうか。七面鳥を焼くだけなのに!

80分と短い映画ですけど、とてもうまくできていて、説明的な台詞はないんだけれども、どうやらエイプリルは家族とうまくいってないらしいこと、エイプリルは昔から問題児だったらしいこと、母親はかなり性格がエキセントリックなのだが、何かの病気らしいことが、だんだんわかってくる。

母親の病名は、なんとなく察しがつくんだけども、はっきりと明かされる場面があって、その手法も絶妙でした。

エイプリルの家に向かうのは、お父さんとお母さん、妹のベスと弟のティミー、そしてボケてるお婆ちゃんです。弟のティミーが記録係として写真を撮っているという設定も、要所要所とラストでちゃんと活かされてるんですよねー。

エイプリルの七面鳥がどうなるのか、未見の人は是非どうぞ。

ちなみに監督&脚本のピーター・ヘッジズは、『ギルバート・グレイプ』の原作&脚本の人です。『ギルバート・グレイプ』もいい映画だったなあ。
[PR]
Commented by minaco. at 2015-02-28 01:50 x
これほんと名作ですよね~大好きです。って、メイソンが弟ティミーだったとは!ついこないだ『ショート・ターム』観てメイソンうちに来て!!と心鷲掴みされたんですが、いま弟のこと思い出そうとしても思い出せず…たぶん、ママと妹が濃すぎたせいかと…。あの妹がこういう妹いるいる!とすんごく巧かったことが印象に残ってます。あと、エイプリルの彼氏もポイント高かった!
アパート住人さんとか小物とかも良い味だし、最後のエイプリルの顔がとてもグッとくるんですよね。なんとなく、日本に置き換えたら七面鳥=おせち料理かなあ?などとも思いました。
Commented by rivarisaia at 2015-03-03 00:13
エイプリルの彼氏もいい人でしたね。エイプリル、いい人と付き合っててよかったなあとしみじみ思いました。うん、日本だと七面鳥はおせち料理だと思います。

メイソンかっこいいですよねえ。一方で弟ティミーはといえば、ああ、カメラ持ってたね、くらいの薄〜い印象ですよね。ママと妹があまりにも強烈すぎて……。

そんな弟ティミー&メイソンの彼は、『オリーヴ・キタリッジの生活』ドラマ版に出るらしいんですよ。私はまだ観てないんですけど、ドラマ『ニュースルーム』にも出演してるらしくて、けっこう活躍中!
by rivarisaia | 2015-02-26 23:48 | 映画/洋画 | Comments(2)