「ほっ」と。キャンペーン

グレート・ビューティー/追憶のローマ

なんだかよくわからない映画なんだけど、考え出すといくらでも意味を見出せそうだし、ふとした瞬間に脳裏に浮かぶ印象的な場面がいくつもある、そんな映画。いつものソレンティーノの映画、といえば、まあそうなんだけど!
b0087556_23120288.png
グレート・ビューティー/追憶のローマ(La Grande Bellezza/The Great Beauty)
監督:パオロ・ソレンティーノ

作家のジェップは、ローマで享楽的な毎日を過ごしていたが、どこか虚しさを感じていた。

というのが、主なあらすじで、そこに初恋の人の訃報をはじめ、細かいエピソードが挿入されるんですけれども、 ふと思ったけどセルヴィッロおじさんのプロモーションビデオっぽくもあり、美しいローマと渋いセルヴィッロおじさん、そして少しシュールで透明感のあるソレンティーノの映像美を堪能できます。

フェリーニの『甘い生活』を思わせるところがあるので、みくらべても面白いかもしれません。

夜明けのバルコニーでたくさんの渡り鳥が休んでいる場面で、言葉にできない大いなる美を見ました。楽しいパーティの毎日は上辺だけのもので、人生の本質は、聖女がはいつくばって登っていく長い長い階段のようなものなんでしょうけども、その途中途中で、宝石のような瞬間が転がってたりするわけですね。

ところで、家のバルコニーでしょっちゅうパーティしてたけど、近隣から苦情来なかったのかしら。音が響き渡ってそうだったけどね……。


[PR]
Commented by fontanka at 2015-05-13 00:11 x
行きたいなぁ
ローマ
Commented by rivarisaia at 2015-05-14 22:02
私もー
Commented by fontanka at 2015-05-16 23:07 x
イタリアといえば、現在、ジロ→プロトン殺人事件
の、細かいネタは思いつきはじめたんですが。
まだ大技をおもいついていなくて・・・
Commented by rivarisaia at 2015-05-20 01:12
今年も気づいたらジロ。そしてツールもすぐそこですねー。プロトン殺人事件の大技楽しみです!
Commented by fontanka at 2015-05-20 22:45 x
プロトン殺人事件→ジロの天気が良すぎて、ネタがあつまらない。
今まで「雪のニバリ」「雪のフライング:レッドフラッグなのに」
とか、あああ、門に激突
とか、満載だったんですが。

今回、初の短編集(小ネタ)かも
Commented by rivarisaia at 2015-05-24 23:40
そういえば、今年、天気いい印象ですね。多少雨降ったりもしてるとはいえ。これからの北部山岳で寒くなるのかしら。リッチー・ポートが敵チームからタイヤもらってペナルティの一件が、気の毒すぎました。。。
by rivarisaia | 2015-05-11 23:32 | 映画/洋画 | Comments(6)