「ほっ」と。キャンペーン

破風(TIFF)(公開時タイトル:疾風スプリンター)

東京国際映画祭で観た2本目は香港映画で、ロードレースの話。

b0087556_18343335.png
破風(To the Fore)』監督:ダンテ・ラム  *(公開時タイトル:疾風スプリンター)

香港映画だけど、舞台は台湾。自転車ロードレースのチームでアシストとして活躍する2人の新人が主人公。タイトルの「破風」は風除け=つまりはアシストを意味しているそうです。

公開されるといいなと思うので、詳しいあらすじは伏せておきますが、前半はツール・ド・台湾(多分そんな感じのレース)で好成績を収めているチーム・ラディアントで、エースのために頑張るアシスト2人の活躍っぷりを描いています。

その後、事情があってエースと二人のアシストはそれぞれ別のチームで新たな道を進むことに……。

ロードレースが全くわからない人も、大好きな人も、ともに楽しめるような作りになっていて、とにもかくにもレース中の映像に迫力があってとてもよいです。いや普通それはないだろ、みたいな部分もあるんだけれども、そこはほら、映画だから。

RRが好きな人は、観終わった後にお友だちと「ああいうことはナイナイ!」とか「ああいうこと、あるある!」と盛り上がるのも楽しいのではないでしょうか。毎回エースが勝たないといけないような演出になってたけど、あれはおそらく、区間優勝はこの人で総合順位で上位はこの人などとやりだすと混乱するからだと思う。

私は映画の最中に、なぜだか本当のレースを観ているモードになってしまい、「ちょっと待て、いま先頭と集団はどのくらい離れてるのか?」「ゴールまであと何キロ?」などとたびたび画面スミにそれらの表示を探してしまい、表示はナイよ、だって映画だからね!って自分にツッコミ入れてたね……。

そして落車があるたびに「あわわわわーーー! 大丈夫〜?」とおうちで観てる時のように椅子から立ち上がりそうな衝動に駆られ、だからこれは映画だからね!!って自分に……(以下略)。

鑑賞後に、監督にサインをもらう機会があったのですが、その時「本当のレースを観ている気分になってしまいました。。。」と伝えたところ、ダンテ監督ちょっと嬉しそうでした。

全体的にとっても爽やかな映画で、唯一不満があるとすれば、女子との恋愛ネタが超いらない!という点くらいです。というわけで、予告編を貼っておきますねー。






[PR]
Commented by fontanka at 2015-11-06 21:07 x
おお~
こんな映画が~!!!
Commented by rivarisaia at 2015-11-12 23:29
そうなんですよ! これRR好きな人たち、きっと楽しいと思うよーー。
Commented by kogarinta at 2015-12-24 18:59
こんにちは。
私もこの作品、東京国際映画祭で観ましたー。
いい作品でした。爽やかで。
でも、やっぱりダンテ・ラム監督にはアクションを撮ってもらいたかったというのが、本音かな。
Commented by rivarisaia at 2015-12-26 18:04
これ、ほんと爽やかな作品でしたねー。ただ欲をいえば、恋愛部分はいらないので、もうすこし「おっさん」成分があってもよかった...と思った私です。
by rivarisaia | 2015-11-05 18:40 | 映画/香港・アジア | Comments(4)