「ほっ」と。キャンペーン

サウルの息子

第68回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したハンガリー映画。主役はブダペスト出身の詩人ルーリグ・ゲーザです。

b0087556_17355662.png
サウルの息子(Saul fia)』監督:ネメシュ・ラースロー

イライラ棒というゲームがあるじゃないですか。周りの障害物に触れないようにして、棒を動かしていく遊びですが、あれに近いことをしていてもどかしい気持ちが最高潮に達すると、背骨の中の骨髄をずるんと引っこ抜きたくなるような、じいっとしていられずに、わああと叫んで走り回りたくなるような、気分になるんですけれども。

この映画、開始10分くらいで、そんな気持ちになりました。最後までみるの、まじで辛かった……。

スクリーンがスタンダードサイズ(昔の映画にある、正方形に近いようなサイズ)で、とても画面が狭いなか、ピントはほとんど主人公サウルにしか合っていないので、そこに見える光景は、近眼の私がメガネをかけ忘れた時に見えるような映像で、手ブレというほどでもないけれども、カメラはサウルの動きを追っていくのでちょっと揺れる。

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。
ハンガリー系ユダヤ人のサウルは、特殊部隊であるゾンダーコマンドとして屍体処理に従事している。

サウルの背後には死体がごろごろと転がっているのだが、常にピントはサウルにあっているので、目をこらしてもぼんやりとした肌色のかたまりのようにしか見えないし、ときおりはっきりと一瞬見えるのは身体の一部だけである。何がなにやらよくわからなくて、すべてがぼんやりとしたなか、ひたすら作業をする。そして周囲がぼやけていても、何やっているのか音でわかったりするのである。

その日、サウルはガス室でまだ息をしている少年を見つける。
すぐに殺されてしまったその少年を、自分の息子ではなかろうかとおもうサウル。少年をユダヤ教の教義にのっとって埋葬するために、サウルは奔走する……

解剖に回されそうになる少年の遺体を手に入れ、ラビを探しまわるサウルの、本当にたった1日の物語で、必死になっているサウルのまわりでは、また別の計画が持ち上がっているのであった。

大変に息苦しい映画で、もしかして収容所疑似体験?とも思ったのですが、そのせいか最後の森のシーンで心から解放された気になったし、映画館の外に出て、(メガネさえしてたら)ピントの合ってるパノラマの視界、自由!万歳!ってなりました……。

もっとまっとうな感想書いたほうがいいんだろうけど、心身ともにぐったりしてしまったので、リンクをいろいろはってごまかそうとおもう。





ネメシュ・ラースロー監督の短編作品「With A Little Patience」



[PR]
Commented by fontanka at 2016-02-29 21:38 x
見ることができない映画・・・・
弱虫なんです
Commented by rivarisaia at 2016-03-03 23:25
これアカデミー賞取りましたね。 確かに今までになかったすごい作品だったので、受賞できてよかったです。
by rivarisaia | 2016-02-22 17:43 | 映画/洋画 | Comments(2)