Hillbilly Elegy(ヒルビリー・エレジー)

ちょうどこの本を読んでた時期は、アメリカ大統領選があのような結果になるとは想像してなかった頃で、そもそも本書を読もうと思ったのも「著者の祖父母がアパラチア出身」という理由でした。何度か書いていますが、私はアパラチアを舞台にした小説に興味があるので、アパラチアという言葉に目を引かれるのである。

本書は小説ではなくて、メモワールです。

b0087556_21081396.png


Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis』J. D. Vance著、Harper

オハイオの貧困家庭で生まれ育ったけれども、その環境から脱出してロースクールに通い、今ではカリフォルニアで働いている J. D. ヴァンスが自分の生い立ちを記した本です。ヴァンスの育った家庭環境は、アメリカ白人貧困層あるあるエピソードに満ちている。

さて、本書の内容については、渡辺由佳里さんのブログに詳しいのでそちらをお読みください。

必ずしもトランプに票を入れた大半が白人の最貧困層という単純な図式でもなかったにせよ、いずれにしても今回のアメリカ大統領選は「白人貧困層」が注目されるきっかけとなったし、日本のメディアでも「ヒルビリー」という言葉を目にしたりもしました。

田舎者を指す蔑称のひとつである「ヒルビリー」を、白人貧困層の代名詞のように扱う日本のメディアもありますが、厳密にはちょっと違う。白人の労働者層や貧困層を指す蔑称には、レッドネック、ホワイトトラッシュ、といろいろあるのですが、ヒルビリーはその昔、アイルランドから移民として米国にやってきてアパラチア地域に定住したスコットアイリッシュの人を指します(したがって、例えばテキサスの田舎の白人はヒルビリーとは呼ばない)。

本書について「アメリカの話でしょ」と他人事としてとらえるのは簡単なのですが、読んでいて、これは日本にもとても通じる話なのでは…?と思う箇所が多々ありました。マジョリティの立場にある貧困層が抱える問題というのは、国は違っていても共通点があるんじゃないかな。だから日本の読者にもおすすめ。

考えさせられる点がいろいろあるのですが、そのひとつが対等な目線での教育やカウンセリングの重要性です。

「マウンテンデュー・マウス」のテレビ番組について著者が触れている箇所があるんですよ。これはABCのダイアン・ソイヤーがアパラチアの子どもたちの惨状について取り上げたドキュメンタリー(2009年)で、マウンテンデュー・マウスというのは、マウンテンデューやコーラを与えすぎて歯がぼろぼろに溶けちゃた乳幼児の口を指す。赤ん坊のミルクよりもマウンテンデューのほうが安いから、哺乳瓶に入れてあげちゃったりするんだよね。そしてミルク代は別のものに消える。

ソイヤーのドキュメンタリー(「Children of the Mountains」)は私も見て暗澹となりましたが、J. D. ヴァンスいわく、ヒルビリーの人たちもこの番組を見てる。で、大きなお世話だよっていう気分になっちゃってる。

本書では、ヒルビリーの人たちに「ミシェル・オバマが嫌われるのは、子供にまっとうな食事をさせてないと言うから。彼女の主張は正論だから」というくだりがあり、マウンテンデューを哺乳瓶で与えちゃう自分たちがダメな親だってことは、他人から言われなくても重々承知なんだよね。でもまっとうな暮らしをしているよその人たちから指摘されると、まるで非難されているような気持ちになって、すっかり嫌になってしまうというのは、私にもよくわかる。正論は、時として上から目線で言われているように受け取られることがあるというのは、アウトリーチの際にとても注意したいところ。

もうひとつ考え込んでしまったのは、アメリカにおける軍隊のこと。

日本で安保法案が話題になった頃に見かけるようになった「経済的徴兵制」という造語があって、私はこの単語は、貧困の解決にも結びつかなければ、兵役が抱える問題の指摘にもならず、ただのレッテル貼りの詭弁でしかないので大っ嫌いなので使用しませんが、貧困家庭の出身者が軍隊に志願するというのはアメリカでは実際あります。志願の理由はさまざまです。

私の知人の場合は、大学の学費が途中で払えなくなった、高等教育を受けたい、将来役立つ技術が身につけられる、除隊後に安定した生活が送れる、といった現実的な理由に加えて、「国に貢献できる」という大義名分(これも重要ポイント)を誇りに軍隊に入った人がほとんど。

J. D. ヴァンスも高校卒業後、海兵隊に入隊していて、その経験が人生を変えたと語っています。それは精神面(それこそ努力すること、全力で取り組むことを学んだりとか)だけでなく、普通の生活に必要な基礎知識(銀行口座を開いて、お給料はそこに入れる、といった基本的なこと)もすべて軍隊で教わっている。それは、そうしたことを教えてくれる人が周りにひとりもいなかったからです。

私は軍隊自体を完全に肯定はしないのですが、知人たちを見ると、入隊したおかげで教育を受けられたり、手に職をつけられたり、除隊後も安定した収入を得られたりしているので、ちょっと複雑な心境になります。J. D. ヴァンスも入隊が人生の大きな転機になっている。

もちろん、イラクで戦死することもなく、帰還後にPTSDを発症して家庭が崩壊することもなかった彼らはあくまでラッキーな例であって、まるで使い捨ての駒のような人生を送る人たちもごまんと存在するし、アブグレイブの事件に関与した女性兵士のひとりはアパラチア地域のトレイラーパーク育ちだったと記憶しています。 でもね、軍隊の代わりに底辺の彼ら・彼女らをサポートする機関って他にあるのかなと考えると、やっぱり私は「経済的徴兵制」なんて軽い言葉で批判することはできないですよ。


久々のアパラチアネタでものすごく長くなっちゃったので、本日はこの辺で終わり。

追記:
こんな記事も見つけたから参考までに。


[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/26432933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2016-12-07 20:04 x
古いミステリ読んでいると、出てくるんですよ。(翻訳も古いので実態とはかけはなれているかもしれないけど)
アパラチアの人たちが。(かなり怪しい人たちとして登場とか例え話だったり)
あと、別なミステリには○○は主にドイツ系移民で、言葉がドイツ風だとか。
本当かどうか分からないんですが、独立戦争の時にイギリス軍が連れてきた娼婦が、逃げて定住した地域があるとか。
で、アメリカミステリって通常、アングロサクソンが書いているので「上から目線」だったりしてました。

あんまりにも古い翻訳ばかり読んでいたので、何が事実可分からなくて、ミステリ読んでいるのですが、こういう本で、現実を知らされるんだなと思いました
Commented by rivarisaia at 2016-12-07 23:16
そういえばアパラチアを扱ったミステリもたまにありますね。

ドイツ人の移民といえば、テキサスにもドイツ系の小さい町があります。本当に小さな町で私はけっこう好きだった場所ですが、レストランのメニューがドイツ語併記だったり、ドイツ料理が主だったりして興味深いのですが、どういう経緯でテキサスに定住したのか、こんど調べてみよう。

アメリカはやっぱりアングロサクソンでプロテスタントがマジョリティだなーと思うことはけっこうありますねー。カトリックは肩身狭かったり、その反動なのかアメリカのカトリックの人たちアグレッシブだったりする印象.... イタリアとかと全然違う.....
Commented by fontanka at 2016-12-08 23:16 x
ヨーロッパ育ちの友人(アメリカンスクール出身)が、前の選挙の時に、学生時代の友人達が、マケイン夫人はバービー人形みたいだし、ミシェル夫人は「いかにも」だし・・・
って評していると言ってました。

Commented by rivarisaia at 2016-12-09 14:42
今回の選挙のあれこれを思うと、前の選挙が懐かしくなってきました.....
by rivarisaia | 2016-12-05 21:10 | | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る