A Gentleman in Moscow

今回も、表紙がいいな、と思ってあらすじに目もくれず読んだ本。モスクワにやってきた英国貴族の話かな?と勝手な想像をしていたんですけど、まったく違った。あるロシア貴族の30年という月日を描いた、美しい余韻が残る1冊。

b0087556_23090536.png

A Gentleman in Moscow』Amor Towles著、Viking

反体制的な詩を書いたとして有罪になったアレクサンドル・ロストフ伯爵は、1922年、モスクワ中心部に位置する高級ホテル、メトロポールに軟禁される。彼がそこで過ごしたおよそ30年間の物語。

メトロポールはクレムリンから目と鼻の先にある実在の高級ホテル。そのスイートルームにひっそり滞在していた伯爵は、革命的な詩を書いたかどでボルシェビキ政府から軟禁を命じられ、ホテルの屋根裏部屋に追いやられてそこで暮らすことになってしまう。ホテルから一歩でも外に出たら、射殺すると言い渡されている伯爵だが、いっぽうで貴族であるにもかかわらず、ロシア革命後に処刑もされず、シベリア送りにもならずにすんだのは、その詩のおかげなのだった。

楽天的でウィットに富んだ伯爵は、ホテルの屋根裏で新しい人生をスタートさせる。とはいえ、そんな伯爵もやはり最初は先行きを悲観して自殺を図ろうとするんだけれども、本当に偶然の、ささやかな出来事があって(この場面が好きなので秘密にしておきますが、キーワードは蜂蜜)、伯爵は死ぬのをやめて、ホテルの中でせいいっぱい生きることにするのだった。

生きるにあたっては働かなくてはならない。ということで、伯爵はホテルのレストランでウエイターの仕事をする。スターリンからフルシチョフへと外の世界がめまぐるしく動いていく中、閉ざされたホテルの中の世界では、さまざまな出会いがあり、魅力あふれる大切な人々との間で友情や愛情が育まれていく。やがて明らかになる真実。守らなくてはならない人のために迫られる決断。はたして、伯爵は一体いつまでホテルにいるのか、外へと出ていくチャンスは巡ってくるのでしょうか、というのは読んでのお楽しみ。

そしてラストシーン。時代によってどんなに外側が変化しても、決して変わらない内なるロシアの精神があるとするなら、それを体現していたのが伯爵だったのかもしれないなーとふと思ったりしました。

[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/26675007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2017-02-23 23:12 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る