コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝(危城)

田舎の町に流れ者がやってきて、正義と悪の戦いに加勢して、そしてまたどこぞへ去っていくという西部劇のような話で、アクション含め本当によかった。悪が超怖くて泣きそうだったし、まっすぐな正義の人たちの戦いっぷりも泣ける……!

b0087556_19081819.png
コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝(危城)』監督:ベニー・チャン/陳木勝

1914年、内戦下の中国。流れ者のマー(エディ・ポン/彭于晏)は、自警団が守りを固めている小さな村にたどり着く。平和なその村にも、各地で略奪と虐殺を繰り返す軍閥が迫りつつあった。

さて、その軍閥を率いる将軍にはドラ息子(ルイス・クー/古天樂)がおり、これがたいそう冷酷無比な男で、ある日ふらりと村にやってくると、女性と子どもを含む3人を戯れに射殺する。

正義感あふれる自警団のヨン団長(ラウ・チンワン/劉青雲)は、将軍の息子をとらえ、死刑にしようとするのだが、そこへ軍閥の将校らが現れる。その将校(ウー・ジン/呉京)はマーのかつての兄弟子であった……

という話です。

ラウ・チンワンとルイス・クーは、人の姿をしているけれども「純粋な正義/善」と「絶対的な悪」という "概念" なんじゃないかなあ。で、残りの登場人物がふつうの人々を象徴していて、その代表格がエディ・ポンとウー・ジンなんだと思うんですよね。

ふたりとも根っからの悪人ではないんだけど、過去の出来事から正義なんてないんじゃないかと諦めちゃってる若者と、いつの間にやら権力になびき、出世のために人の道を外れてしまった男。「正義」と「悪」が目の前に現れた時に、人はエディ・ポンのようにもなれるし、ウー・ジンのようにもなってしまう。

人生投げやりになっていた若者が、真の正義を目の当たりにして、失っていた大事なものを取り返すという王道ストーリー。真の正義ことラウ・チンワンの鞭さばきは鮮やかで、おまけにクライマックスで「それはアリなのかー!」という一撃が待ってたりするんですけど(大笑いした)、私が本作で悶絶したアクションは、ラウ・チンワンの妻のザルさばきです。めちゃくちゃしびれる。手にしてるのはザルだけど!

本作に登場する女性は、このラウ・チンワンの妻といい、子供を連れて逃げてくる女性教師といい、芯が強くて本当にかっこいいですね。まったく、なよなよしていない。すばらしい。私も見習いたい……。

ところで、『普通の人びと』という、普通のドイツ人がいかにして大量殺戮者となったかを明らかにしたノンフィクションがあるんですけど(これについては、ついでなので近々書きます→書きました)、エディ・ポンとウー・ジンを観ながら、この本を思い出したりしました。

人間は弱いので、うっかりしていると正義なんてどっかに忘れちゃいがちだけど、未来のためにも長いものに巻かれるなよ!って喝入れられたような映画でした。元気でるので何度でも観たい。



[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/26953870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fontanka at 2017-07-12 21:13 x
春巻さん>
ちょっとだけブログに近況かいてみました。
まだまだ・・・
Commented by rivarisaia at 2017-07-13 18:11
さっそく拝読してコメントしました! 私も本読めなくなることあるから気持ちわかる.....
by rivarisaia | 2017-06-27 19:38 | 映画/アジア | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る