「ほっ」と。キャンペーン

小さな中国のお針子:男って...

今さらですが、2002年の映画です。『射鵬英雄伝』の周迅(ジョウ・シュン)が出てるからという理由で、DVDを借りました。

時は文化大革命。再教育で山奥に送り込まれた青年2人と愛らしい文盲のお針子の話なんですが...、あのねえ、いい映画だとは思うんですよ。ヴァイオリンのシーンとか歯の治療とか、村人に映画を「聞かせる」場面などは笑いましたよ。でも、「僕たちがお針子を教育してやる」「彼女に本を読んでやる」この「○○してやる」がなんかカンにさわるんだよ...。

お前らは何様のつもりなんだ、という気分にじわじわとなってくるのよ...。そんなわけで、最後のお針子の行動には「いいぞ〜!」と思ったのですが、男2人は最後までいじいじしていたのであった。
[PR]
by rivarisaia | 2006-05-02 23:50 | 映画/香港・アジア | Comments(0)