「ほっ」と。キャンペーン

チアーズ!

大した内容じゃないのに、なぜか何度も見てしまう映画は何本もあるのですが、
そのうちの1本が『チアーズ!(原題:Bring It On)』。

キルステン・ダンスト主演の青春チアガール映画で、『トゥルー・コーリング』のエリザ・ドゥシュクがカッコイイ親友役で出ています。

全国大会で優勝を目指すハイスクールのチアリーディング・チーム。しかし大会直前に、自分たちの振り付けが盗作だったことが発覚した。さあどうする?

まあ、あらすじはこんな感じ。でも、ストーリーはどうでもいい。一応恋愛要素も含まれるのですが、それもどーでもいい。ポイントはチアです、チア。しかもガチンコ・チア。チア・ダンスではなく、スポ根チア・リーディング。足は折るし、歯も折れる、ゲロだって吐く。しかも女子がビュンビュン宙を飛びます。ワイヤーも使ってないのに〜。特に、ライバル高校のチーム「クローヴァーズ」がド迫力です。

この映画を初めて見た頃は、ゴリエもチアをやってなかった。NHKで深夜にひっそりと放映していた日本全国チア大会の模様をバッチリ見てしまったのは言うまでもありません。

ちなみに、去年の私的ベスト映画に入る『Be Cool』で、ザ・ロック様が『チアーズ!』のキルステン・ダンストのモノマネをするシーンはかなりツボにハマりました。全然似てないんですけどね。あの映画でのザ・ロック様は、『チアーズ』を何度も繰り返し見ているに違いありません。TVの前でゼッタイに一緒に踊っていると確信しました。
[PR]
Commented by santapapa at 2006-06-27 22:18
ここだけの話、若干チアリーダー・フェチもあるので(^^;;;好きな映画です。いやあ、スポーティで健康的なお色気、いいじゃないですか。元気、青春、友情がまぶしいです。
Commented by rivarisaia at 2006-06-29 01:41
クローヴァーズのリーダーの姐さんにヤラれました。
すっごいカッコいい。この映画見たら、誰もがチアリーダーになりたくなるに
違いないですよ。
by rivarisaia | 2006-05-31 02:18 | 映画/洋画 | Comments(2)