「ほっ」と。キャンペーン

嵐を呼ぶドラゴン:

本日のショウブラ映画は『嵐を呼ぶドラゴン(方世玉與洪煕官、Heroes Two)』。監督は五毒拳のチャン・チェ(張徹)です。

〜あらすじ〜
洪熙官は清朝の焼き討ちにあった少林寺から脱出。しかし、方世玉に悪者と勘違いされた洪熙官は清に捕われて地下牢に幽閉されてしまう。そして...

洪煕官はワイルドなチェン・クアンタイ(陳観泰)、白い衣に白い扇がトレードマークの方世玉は、二枚目アレクサンダー・フー・シェン(傅聲)が演じています。

チェン・クアンタイ、かっこいい〜。方世玉のせいで地下牢につながれているのですが、「フフ、俺はそんな小さなことはもう気にしないさ」と言わんばかりの余裕っぷり。そんな洪煕官アニキに「弟弟子」と呼ばれちゃった方世玉は、嬉しさのあまり油断して一撃を食らってました。まあ、この場合は仕方がないよねー。

「兄弟子は自分のせいで捕まった...絶対に助けなければ!」と心に誓う方世玉。敵にやられたせいで一度は退散。しかし、8日後には洪煕官アニキは処刑されてしまう!さあどーする!と思っていたら...、穴を掘ってましたよ!飲まず食わずで、アジトから地下牢まで。いや、別にいいんですけどね。

最後の戦いシーンはかなり長いので、見応え十分です。敵のラマ僧(清の将軍はラマ僧から武術の手ほどきを受けていたのだった)なんですが、みなさん痩せていらっしゃるのに筋肉がすごくてちょっとコワイ(藤木源之助ほどじゃないですが)。また、暗器を受けた師匠が「鶴型だ!」と方世玉に言うシーンで、鶴型という名前の暗器かと一瞬思ってしまった私。いや、拳法の型だろ、普通。

フー・シェンは、1983年にポルシェに乗っていて事故にあい亡くなっています。なんだか赤城圭一郎を思い出します。方世玉からトニー赤城にまで思いを馳せることになろうとは、ホント予期せぬ1本でした。
[PR]
Commented by 黑珍珠 at 2006-06-02 07:42 x
どひゃひゃひゃ。

最後に出てくる”チベット”だか”ネパール”だかの修行僧。(ぷっ。)

とっても痩せてる傅聲(当時20歳)はなかなか男前でしたね。

ショウ・ブラ傘下で台湾に張徹が作った会社「長弓電影公司」
弓を持った戚冠軍には倒れそうでした!

・・・・これは『方世玉興胡惠乾』も観ないと!!
Commented by rivarisaia at 2006-06-02 14:51
個人的に、この映画のキーワードは「トンネル掘り」と「ラマ僧」に決定です。
真っ赤な衣装のラマ僧登場にも師匠は動じず、
「チベット対中国の対決だな」などと言ってました。
(いや、ちょっと待てー!笑)

私は『少林寺列伝』を早く観ないと!!
by rivarisaia | 2006-06-01 22:54 | 映画/香港・アジア | Comments(2)