「ほっ」と。キャンペーン

多羅尾伴内シリーズ:ビバ!ちえぞう

本日はショウブラ鑑賞の予定なのですが、昨日の記事のせいで、片岡千恵蔵に対する妄想が膨らんでしまいました。一時期、千恵蔵にクラクラしていた時代がありまして、サムライも捨てがたいけど、やっぱり千恵蔵は多羅尾伴内だよね!

さて、GHQのせいでチャンバラが製作できなかった時代、千恵蔵のためにつくられたミステリ風味の現代活劇が多羅尾伴内シリーズです。1作目『七つの顔』(1946)から『七つの顔の男だぜ』(1960)まで、全11作。
b0087556_1958532.jpg

かつて怪盗として日本を震撼させた藤村大造=多羅尾伴内は、心を入れ替えて正義のために活躍している。「ある時は片目の運転手、ある時は香港の大富豪、そしてまたある時は....(延々続く)....その正体は、正義と真実の使徒、藤村大造だッ!」が決めゼリフ。しかし当時大人気だったこの映画は批評家から散々言われたようで、

千恵蔵が七変化をするのが映画のポイントだが、どんなに化けても観客には千恵蔵本人であることが一目瞭然であり化ける意味が薄く、また事件の推理・捜査と大して関連してもいない。(by Wikipedia)

だそうです。まあ、その通りなんですけどね!どう変装しても千恵蔵の顔の大きさは隠しようがないですから、悪党は騙されても私たちにはバレバレです。でもそこがいいの。

その他の突っ込みどころとしては、千恵蔵には絶対に銃弾が当たらない(正面から撃たれても、ひょいひょいと顔を左右に動かすだけで千恵蔵は無傷)、酒を注文する時には「琥珀の水をくれないか」とイカした頼み方をする、などが挙げられます。

しかし、この映画の醍醐味は、ラストシーンであるといっても過言ではありません。

銃撃戦を経てめでたく事件を解決すると、外車に乗ってカッコよく走り去っていく千恵蔵。フと見ると、なぜか電柱などに1枚の紙きれが貼ってあり、そこには「夜霧の中に消える男がどーのこーの、光がどーしたこーした」などという意味不明の千恵蔵ポエムがしたためられている。

深い意味がありそうな、何の意味もなさそうな....。というか、これはいつ書いてるんでしょうね?

ポエムをメモしておいたノートがどっかにあったハズなんですが、家中を探しても見つかりませんでした。誰かメモしてる人がいたら教えてほしいです。
[PR]
by rivarisaia | 2006-06-06 20:36 | 映画/日本 | Comments(0)