「ほっ」と。キャンペーン

少林寺列伝

ワールドカップが決勝Tに入ってしまったおかげで、実はいろいろなものがお預け状態になっていたのですが、サッカーが中休みだったので、久々に観たショウブラが『少林寺列伝(少林寺/Shaolin Temple)』。またもや、張徹(チャン・チェ)監督。

私が張徹を好きというよりも、近所のビデオ屋が張徹のことを好きなようです。数少ないショウブラDVDのほとんどが張徹。ちなみにもう1本一緒に借りたショウブラDVDも張徹でした。

さて、『少林寺列伝』ですが、さすが男(マッチョ)映画の張徹。今回の出演者はやけに豪華です。アレクサンダー・フーシェン(傅聲)、チー・クワンチュン(戚冠軍)、デビッド・チャン(姜大衛)、ティ・ロン(狄龍)をはじめ、他にも見たことある人たちがいっぱい出てます。あまりに出ているので、もはや誰が誰だか分からなくなりました....。

清の時代、方世玉、洪煕官、胡恵乾が少林寺への入門を許される。他の若者たちと厳しい修行を積む3人。そこへ台湾からやってきた少林五祖のメンバーらも加わって、それぞれが成長して行くのだが、清軍は密かに内偵と通じて少林寺襲撃をもくろんでいた...。

三十六房のように、少林寺の下積みって大変だ!というのが前半。「武術を早く習わせてくださいよ〜」と誰もがグチりたくもなるような地味なことを、皆が延々やらされています。しかし、それらはちゃんと各人の性質に合わせた、役立つ「修行」だったのでした。少林寺に無駄なし! これを応用すれば、日常生活で知らぬ間に武術の修行が可能かも!(とちょっと私も考えました)

物語の終盤はバトル・オンパレード。ここでも少林寺の皆さんは学んだことをしっかり役立てて戦っていて、すばらしいです。また戦いのシーンは非常に長いので、見応え十分。

中盤で、約2名が下山するにあたり「木人巷」が出てきました(ここで、おお、ジャッキー・チェン!と思う人もいるはず)。個人的には「木人巷」の動力のしくみがどうなっているのか、とても気になる。「動かしとけよ!」と気楽に坊主が言ってましたが、スイッチがあるのかしらね....。
[PR]
Commented by 黑珍珠 at 2006-07-03 21:32 x
コレの香港盤は狄龍が主役みたいなパッケージだったよ!
(騙されたよ・・・・。)

真の主役(?)の傅聲と戚冠軍の2人セットの映画は多いですね。

・・・・そうそう。クルクルまわってた郭追の笑顔が良かったわ。
Commented by rivarisaia at 2006-07-04 00:23
狄龍と姜大衛は、いつも一緒で仲良し2人組のようでした。

それにしても、主役が一体誰なのか、よく分からなかった...。
狄龍じゃなさそうだけどね...。傅聲なのかな...。

郭追がまわる時のBGMがおかしい。
by rivarisaia | 2006-06-30 23:51 | 映画/香港・アジア | Comments(2)