「ほっ」と。キャンペーン

M:i:III

サッカーに浮かれてた日々のツケが回ってきています。したがって、この三連休は家で細々と仕事をしているわけですが、それも発狂しそうなので、レイト割引(20:00以降1200円)で映画観てパーッとしよう!ということに。

パーッとするならハリウッド映画が定番です。ということで『M:i:III』です。(本当は先行上映の"海賊"にしたかったけど、席が無かったのよね...)監督はJ.J.エイブラムス。ジョン・ウーじゃないので鳩は飛びません。

ええっと、何も考えず、大きな期待もせず、アクション映画を観るのだ!という気分でのぞめば、映画館のスクリーンなら迫力もあるし、そこそこ楽しめる映画ではないでしょうか。ただし、よく考えればこの映画って「スパイ大作戦」なんだよなとか、フィリップ・シーモア・ホフマンの活躍をたっぷり堪能したいわ、などと考えていると不満が残るかもしれません。

私はトム・クルーズよりも、フィリップ・シーモア・ホフマンが目的であったため、物足りなさを感じました。まあ、その時点で何かが間違ってる気もするが。確かにキレてるシーモアが怖いんだけどさ、もうちょっと頭脳戦があるかと思ったのですよ。「悪意がヒトという衣をかぶった(by 公式サイト)」と言う部分が、あんまり伝わってこなかったんですけど...。良くも悪くもトムちんの映画であったことを実感。

逆によかったのは、チームプレイが効いてるシーン(こういうのは見てて楽しい)と、マギーQがすごくキレイでかっこいいところ。バチカンと上海が出てくるのも個人的に楽しめました。

それにしても、モーフィアスは太りましたね。あと、どーしてもどの映画に出てたか思い出せない人が出演していて、後で『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペッグであることが判明。

最後に、イーサン・ハントはスパイなのに、ツメが甘い上に私情を持ち込みすぎでは...。そして、爆弾はどうした...と余計な心配をしてしまいました。
[PR]
Commented by KEI at 2006-07-17 02:22 x
こんにちは。
偶然にも私も今日感想を書いた所で、rivarisaiaさんの書いてるような部分(よく考えればこの映画って「スパイ大作戦」なんだよなとか、フィリップ・シーモア・ホフマンの活躍をたっぷり堪能したいわ)が不満でした。
マギーQのパン○ラには満足でしたが。
Commented by rivarisaia at 2006-07-17 03:34
KEIさん、こんにちは。まさにKEIさんのおっしゃる通りです。
そう言われてみれば、「当局は一切関知しない」はずなのに、そもそも
初めから間違ってるじゃないですか〜。
アクションでデカいことをやってても、ストーリーのスケールが小さかった...。
どうでもいいシーンなんですが、一番最後、オフィスで和気あいあいとやっているのを見て、ちょっと引きました。極秘ミッションの本部なのに、いいの?
by rivarisaia | 2006-07-16 23:56 | 映画/洋画 | Comments(2)