「ほっ」と。キャンペーン

天空の草原のナンサ

ラクダの映画のおかげで我が家にはひそかにモンゴル・ブームが来ています。今年はモンゴル建国800周年だしね!そんなわけで『らくだの涙』の監督ビャンバスレン・ダバー(Byambasuren Davaa)のモンゴル映画です。今度はラクダじゃなくて、犬に注目です。主演犬のツォーホルは2005年のカンヌ映画祭でパルムドッグ賞受賞。
b0087556_2110085.jpg


天空の草原のナンサ(The Cave of the Yellow Dog)

モンゴルの草原に暮らす遊牧民の家族。ある日、6歳のナンサは子犬を拾ってくるが、お父さんは犬を飼うことを許してくれないのでこっそり飼うことに。そして...。

キャストはモンゴルのパットチュルーン一家と長女のナンサ、そして犬のツォーホル。ドキュメンタリーではないものの、今回も実際の遊牧民の家族に密着して撮影しており、自然とともに暮らす遊牧民の生活が映し出されます。とはいえ、文明の波に押されて、遊牧民の数は年々減っているのが現状で、そんな今だからこそダバー監督はこういう映画を撮るんだろうなあ。

印象に残るのは、どうして犬を飼っちゃダメなのかとお母さんにナンサが尋ねる場面。「お父さんがダメって言ったでしょ!」とか「ダメなものはダメなの!」が一般的だと思うけど、ナンサのお母さんは「てのひらを噛んでごらん」と言う。一生懸命やってみるけど「できないよ」と答えるナンサに、お母さんがひとこと

「近くにあるけど噛めないでしょ。全部は思い通りにならない」

うーむ。こうして世の不条理をさりげなく学んでいくわけですね...。ぐぅの音も出ない。ナンサも「くやしいよ〜」と言って転がってました。

ストーリーの合間に、遊牧生活が垣間みられるのも楽しいです。すばやいとはウワサに聞いていた「ゲルの解体」やモンゴルのモツァレラチーズ「ビャスラグ」をつくる様子とか。これが何だか、すごくおいしそう。モンゴル料理を食べに行こうかな〜。

ナンサは小さいのに働き者でした。遊牧民の生活を見ていて、大きく違うところ(輪廻転生やアニミズムの思想)もあるものの、大草原の小さな家シリーズのようなアメリカの開拓時代の生活に通じるものを感じました。いずれにしても文明化によって忘れられたモノが見える気がします。
[PR]
by rivarisaia | 2006-09-12 21:22 | 映画/香港・アジア | Comments(0)