皇妃エリザベートの真実

仕事の打ち合わせの合間に中途半端な間があいてしまい、目の前にあった古本屋で喫茶のお伴となる本を1冊購入してみました。

皇妃エリザベートの真実』G.プラシュル=ビッヒラー著 西川堅一訳 集英社文庫

シシーことオーストリア皇妃エリザベートの、髪の手入れ(これは大変そう。生卵を使う洗髪は1日がかり)、ダイエット、スポーツ、美容、旅行...といった日常のエピソードを紹介する本。シシーといえば、ロミー・シュナイダーしか思い浮かばない私でもサラリと読めてしまう内容なので、人によっては物足りなく感じるかもしれません。でも今日書きたいのは本の内容の濃さではございません。

シシーは活動的なお姫さまであり、日頃からスポーツウーマンっぷりを発揮していたようですが、最後まで続けてたスポーツが「散歩」です。なんで散歩がスポーツかって言いますと、

時として五時間あまりも続け、女官たちから「ランニング散歩」と恐れられた運動である。「それはお散歩などという生やさしいものではなく、れっきとした競技スポーツの域に達していた。(以下略)」

だそうですよ。シシーの恐るべき散歩について興味津々なのですが、あまりこの本には詳細が載っていなかった。多くの人が散歩に誘われるとやんわり断ったらしいのですが、一体どんな散歩なのか。よくセントラルパークなどで、異常な速さで歩いている人々がいますけど、あんな調子でものすごいスピードで歩くのでしょうか。ドレス着て。それとも散歩用の動きやすい服に着替えるのか? 教えて、シシー! 
b0087556_0591518.jpg


やや不気味だったのは、シシーのダイエット・ドリンク。6キロの牛肉からしぼり出した、赤い液体を愛飲していたそうです。さすがの皇帝も「深い吐き気」をもよおした、とあります。変な人だったみたいなので、これからはシシーにも注目しようと思いました。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/5718956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 秘密の花園 at 2008-09-24 18:51
タイトル : 皇妃エリザベートのダイエット法
「ヨーロッパ一の美姫」とうたわれたことで有名な皇妃エリザベートですが、その名声を維持するためにはかなり過激なダイエットが行なわれていたようです。 今日は、その主なダイエット方法3種をあげてみたいと思います。 エリザベートの写真  約30歳頃と思われる...... more
Commented by 熊猫 at 2006-09-23 22:31 x
やはりルードヴィヒ氏とは類友だったのでしょうか・・・。
Commented by rivarisaia at 2006-09-23 23:56
類友ですよ!だって、枕元に死んだルートヴィヒが立ち、シシーの妹の死を予言したらしいわよ。ルートヴィヒとシシーがカップルになったらどうなっていたかしら、と想像すると....おそろしや。
by rivarisaia | 2006-09-19 23:26 | | Trackback(1) | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る